記事

報道の傾向が変わってきた 日本におけるリスクコミュニケーション

報道ステーションでスウェーデンの内容がしっかり報道されました。Yahooニュースでも流れたようです。(私の以前の集団免疫の記事、そしてその補備解説です。)


>アンデシュ・テグネル博士:「ロックダウンをせずに感染拡大に対処するために大事な対策は、PCR検査を受けやすくすることや、持続可能な対策を取ることが重要。長期的に維持できる対策を実施することが必要な理由は、新型コロナウイルスはすぐに消えることがないから。スウェーデンは同じ対策・指針・規制を長期間、維持してきた。背景に国民からの高い信頼があることも、欠かせない要素」
すぐには消えないというこの言葉、この部分がとても大切です。そしてこの国民からの高い信頼がどれだけ大切か。そしてもちろんある程度のPCR検査体制もで、これが日本で不十分だったから不安が煽られたんですけどね。
(あとロックダウンはエビデンスはないと当時別のところでこの先生は話していますが、ベストかどうかは別として、今は効果はあると考えてOKです。)

カロリンスカ大学の宮川先生が

>※スウェーデンと日本の違いについて
という質問に
>「スウェーデンでは、徹底した情報の透明性が、ずっと存在している。また、トップのブレないリーダーシップが常にあります。新型コロナウイルスは、これまでに経験のないパンデミックを引き起こしましたが、ウイルスに関しても、まだわかっていないことが多い。つまり、政策についても何が正解かわからない状態です。

そういったときに、一つのことを決めてブレずに、中央がリーダーシップを発揮することは、国民にとって大事なことだと思います。それを行う前提として、持っている情報をすべて開示する。スウェーデンでは、パンデミックのときは、毎日、午後2時に公衆衛生庁をはじめ、関係省庁の代表者が記者会見を行い、データを示し、時間無制限で記者の質問を受けていました。そういうことがあって、国民は中央を信頼できていると思います」
と生放送でしっかり答えていらっしゃいました。そう日本政府のスウェーデンに比べてのリスクコミュニケーション下手が主ですが、それと同時にメディアへの不安の煽り報道に対する批判だと言っていいでしょう。だって思い出してください。政府はピークを下げて医療を守りながら先送りさせて収束させていくと2月ごろから言っていたのですから、そこそこ上手くいってるんですよ。

もちろん丁寧にお話しされていました。カットのできない生放送のいいところです。アベマ含めてこの内容を報道するのがテレビ朝日であったということは、今後のモーニングショーの内容は変わっていくのでしょうか。期待したいと思います。

今日安倍総理が今後のコロナ対策について会見します。しっかり説明して今こそ落ち着いて生活していきましょう。ただ日本ではまだスウェーデンみたいにマスクなしではダメです。

あわせて読みたい

「報道」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    混雑する観光地、お休み中の飲食店…「国民の祝日」が多すぎることのデメリットを痛感

    内藤忍

    09月21日 11:56

  2. 2

    賃上げ・労働分配率向上策は、河野氏の法人税減税よりも高市氏の人材育成投資が有効

    赤池 まさあき

    09月22日 09:04

  3. 3

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  4. 4

    順当トップ交代人事では払拭できぬ三菱電機の"悪玉"企業風土とは

    大関暁夫

    09月21日 12:37

  5. 5

    「政高党低は悪?」 報ステは自民党批判ありきではないか?

    和田政宗

    09月21日 22:55

  6. 6

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

  7. 7

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  8. 8

    中国恒大デフォルト懸念広がる、影響の大きさなお不透明

    ロイター

    09月22日 09:00

  9. 9

    民主党の辞書に反省の文字はない

    非国民通信

    09月21日 20:34

  10. 10

    「感染ゼロではなく、重症化ゼロを目指す。医療と経済は両立できる」現場医師の提案

    中村ゆきつぐ

    09月21日 08:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。