記事

一家言ある人と一言多い人の違い

江田憲司氏にも合流新党へのお誘いがあったそうである。

この人を上手く使いこなすことが出来れば、合流新党は単なる帰ってきた民主党、やっぱり民主党にはならない。

枝野氏と福山氏が揃って江田憲司氏の事務所を訪問して合流新党への加入をお願いしたそうだから、玉木さんにはずいぶん慇懃無礼な態度を見せてしまったが、枝野氏らとしては最大限の礼を尽くしたということになるだろう。

私が見ている限りでは、江田憲司氏はいわゆる革新、リベラル政治家の範疇には属していない。

能吏としての資質を備えていることには定評があり、その時々の状況に応じて何にでも順応もしくは変容出来る稀有の人材の一人であることは間違いないと思うが、ご自分に自信を持ち過ぎているようなところがあり、合流新党という器がご本人にとってどう映るかは分からない。

いわゆる使われ上手なタイプではなさそうだから、合流信徒がこれからどうなるかはまだまだ分からないぞ、と言っておいた方がよさそうである。

江田憲司氏は、明らかに一家言ある人である。

しかし、・・・。
まあ、、これ以上は止めておこう。

あわせて読みたい

「江田憲司」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。