記事

コンビニで酎ハイを買って路上でたむろ…“変貌”した銀座・コリドー街とミタパンの意外な関係 「三密」対策はどこへ? - 坂田 拓也

 8月21日、金曜夜の東京・銀座コリドー街。

【画像】コリドー街でTシャツをまくり上げ、腹を出す男

 小池都知事は飲食店に対して夜10時閉店の時短営業を要請しているが、300メートル続くこの通りでは夜11時半を過ぎても開いている飲食店があり、そして路上には若い男女が溢れていた。

“大人の街”から若者のナンパ・スポットへ変貌した銀座コリドー街

 男も女も2人組、3人組が多く、マスクを付けないか、顎まで下げている人ばかり。Yシャツに黒のデイパックという同じ格好の男4人組は立ち止まって周囲を“物色”し、暑さのためかTシャツをまくりあげて歩いていたり、ハーフパンツの男もいる。女性だけで歩くとすぐに男たちが声をかけ、話が弾む。路上に座り込んでいる女もいた。


“ミタパン”こと三田友梨佳アナ ©時事通信社

 数年前から、銀座コリドー街は週末になると若者のナンパ・スポットになり、飲み放題で出入り自由のバーやクラブ音楽を流すお店ができて、“大人の街”は景色が一変した。

 若者が増えたことを歓迎する声がある一方で、嫌がる人も少なくない。

 近隣でバーを経営している男性はこう話す。

「ナンパ目当ての若い人たちは男も女もお店にほとんど入らず、路上でたむろしているだけで、コンビニでチューハイを買って飲んでいる人もいる。明け方に路上で寝込んでいる女性を見たこともあります。銀座の客層とは明らかに違うし、ウチの女性の常連客は、外で声を掛けられるのが嫌で来なくなりました」

 銀座コリドー街もコロナ禍で人通りは絶えたが、早くも若者が再び溢れるようになったのだ。

「ここは明治座の“利権”なんです」

 銀座コリドー街には意外な歴史がある。

 近隣で居酒屋を長く経営している男性は、「ここは明治座の“利権”なんです」と話す。

 明治座は江戸時代の芝居小屋を源流として、帝国劇場・歌舞伎座と並ぶ日本橋の老舗劇場である。戦時の東京大空襲で焼失した後、地元有力者らが再興に立ち上がり、その1人が、ミシュランで3つ星を獲得した老舗料亭「濱田家」(人形町)の2代目・三田政吉氏だった。

 政吉氏はその後社長に就任して明治座の“顔”となり、06年に亡くなった時に築地本願寺で営まれた葬儀は、石原慎太郎都知事(当時)が葬儀委員長を務めて5000人が参列した。

 明治座は三田家が大株主となり、現在、濱田家も明治座も長男の三田芳裕氏に引き継がれている。

 この芳裕氏の次女がフジテレビの三田友梨佳アナウンサーであり、女子アナの中でも“本物のお嬢様”として知られるが、銀座コリドー街と三田家の関係はあまり知られていない。

戦後の高速道路建設により生まれた“利権”

 戦後、財界人の間で、銀座を囲っていた割堀(水路)の上に高速道路を建設する計画が持ち上がった。

「公有地を特定の財界人に提供することに国会でも都議会でも批判が出ました。当初は高速道路の上に1キロに渡る壁のようなビルを建てる計画だったため、万里の長城になぞらえて“利権の長城”と呼ばれたほどでした。しかし反対の声はかき消され、道路が建設され、後に首都高速と接続されたのです」(当時を知る地元関係者)

 計画は若干変更され、銀座を囲うようにコの字型に2キロの自動車道を敷設、その高架下に西銀座デパート(現・NISHIGINZA)、銀座ナイン、銀座コリドー街など14の商業ビルが建てられた。

 財界人23人が設立した東京高速道路(株)は、道路の建設とその後の維持管理を続ける一方、商業ビルの多くは、地元の有力者がそれぞれテナント管理会社を設立して管理することになった。

“利権”と呼ばれるのは、有力者による管理が引き継がれ、世襲も進んでいるためだ。

「銀座コリドーが発展したのは三田家の貢献」

 銀座コリドー街を管理しているのが三田家。正確に言えば、銀座コリドー街の皇居側に続く山下ビルのテナント群だ。

「昭和40年代、銀座コリドーは電通が事務所や倉庫として使用していましたが、契約を解除することになり、東京高速道路の役員が親しかった明治座の先代(三田政吉氏)に声をかけ、先代が管理することになったのです」(同)

 政吉氏は三田家の個人会社で管理することにして、後に(株)銀座コリドーに社名変更した。この個人会社も芳裕氏に引き継がれている。

「事務所や倉庫として使われていたところに、政吉氏が飲食店を入れて人の往来が増えるまでに相当の時間がかかりましたが、現在は34店舗が入っています。銀座コリドーが発展したのは三田家の貢献でしょう」(同)

「一流のサラリーマンに会える場所」

 銀座コリドー街がナンパ・スポットになったのは、婚活中の女性に向けて「一流のサラリーマンに会える場所」としてテレビで取り上げられたことも影響しているという。

 しかし大企業の多くは今も夜の会食を禁じているため、今はテレビの喧伝とは異なっていると見られる。

 コリドーはフランス語で「回廊」を意味する。命名通りに人の往来は増えたが、先代の三田政吉氏もここまで変貌するとは想像していなかっただろう。

(坂田 拓也)

あわせて読みたい

「銀座」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  2. 2

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  3. 3

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  4. 4

    アルコール依存症巡る報道に苦言

    藤田孝典

  5. 5

    菅首相は早く臨時国会を開くべき

    鈴木しんじ

  6. 6

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  7. 7

    山口容疑者 基準値の約5倍を検出

    ABEMA TIMES

  8. 8

    「河野大臣は常識ない」に違和感

    早川忠孝

  9. 9

    空気感染? 医師「今まで通りで」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    山口達也 飲酒解禁はこの1年か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。