記事
  • ロイター
  • 2020年08月27日 01:50 (配信日時 08月27日 01:45)

トランプ氏に勢い バイデン氏との勝率差縮小=賭けサイト


[26日 ロイター] - 世界最大の賭けサイト、英ベットフェア・エクスチェンジによると、11月の米大統領選で再選を目指すトランプ大統領が勝率で民主党のバイデン候補との差を縮めている。

ベットフェアによると、26日までにトランプ氏が勝利する確率は45%。バイデン氏は54%でなおリードを維持しているものの、6月初旬の62%から低下した。

ベットフェアは「大統領候補の正式指名以降、両候補の勝率の差は大幅に縮小した」と指摘した。

別の賭けサイト、プレディクトイットでは7月終盤、ラドブロークス・コーラル・グループでも8月初旬にそれぞれトランプ氏の追い上げが見られる。

ベットフェアは、トランプ氏が勢いを増している背景には郵便投票があると指摘。「郵便投票の拡大はバイデン氏への追い風になるとみられる一方、正確な集計が行われない可能性があると懸念する向きもある」とした。

また、前回の米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏との比較でも、バイデン氏の勝率は精細を欠く。2016年8月26日時点でクリントン氏の勝率は77%、トランプ氏は21%だった

しかし、トランプ氏が16年の選挙で勝利した激戦州での勝率は、バイデン氏がリードを維持している。バイデン氏の勝率はペンシルべニア州で68%、ウィスコンシン州で60%、ミシガン州で73%、フロリダ州で54%。

ベットフェアは、バイデン氏がミシガンとフロリダ2州を押さえれば、他州での結果が16年と同じであっても勝利する見通しだとした。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  3. 3

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  4. 4

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  5. 5

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  6. 6

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  7. 7

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  8. 8

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  9. 9

    東京五輪「極めて異常で盛り上がらない」と舛添氏 豊洲騒動めぐり小池知事に苦言も

    ABEMA TIMES

    06月15日 09:07

  10. 10

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。