記事

リストラの裏で…「プリンセス号」運航会社社長「船内で高級ワイン」に社員から疑問の声 - 「週刊文春」編集部

 新型コロナウイルスの集団感染が今年2月に確認されたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」。運航会社の日本法人「カーニバル・ジャパン」(以下CJ社)で堀川悟社長の私的流用疑惑について、社員たちから疑問の声があがっていることが「週刊文春」の取材で分かった。

【画像】「カーニバル・ジャパン」の堀川悟社長


2月から5月まで横浜に停泊していたプリンセス号 ©共同通信社

 CJ社は世界最大の客船運航会社である米国の親会社が、日本進出を目的として2012年に設立。2015年から堀川氏が社長を務めている。CJ社はダイヤモンド・プリンセス号をはじめとするクルーズ商品の販売や発券を行っていたが、今年2月、プリンセス号の乗客乗員712人が新型コロナ肺炎に感染し、うち13人が死亡する集団感染事案が発生し、国内外に衝撃を与えた。

 現在、米国の親会社カーニバル傘下のプリンセス・クルーズの運航はすべて停止しており、CJ社は6月から従業員約70人のうち4割近くに退職を求めるリストラを始めた。退職に合意しなかった7人を6月末に解雇し、そのうち3人がCJ社に解雇無効などを求め、東京地裁に提訴するなど、社内は混乱している。

 加えて、社員や元社員からは、CJ社のトップである堀川社長の言動、資質を疑問の声があがっている。

「堀川社長は前社長と違って出張がやたら多く、何でもかんでも経費につけ回すことで有名でした。昨年の秋も、役員たち数名とダイヤモンド・プリンセス号の船内で社割制度を使って高級ワインを飲み、1晩で25万円も使った」(社員)

 ダイヤモンド・プリンセス号の集団感染発生後も、こんなことがあったという。

「社長は、当時品薄だったトイレットペーパーを持ち帰りました」

「乗客のために買い集めた支援物資が大量に余り、銀座のオフィスに運び込まれました。実は企業や個人からの寄付品も含まれていたようですが、上層部は社員に山分けを指示。社長は、当時品薄だったトイレットペーパーを持ち帰りました」(別の社員)

 堀川社長は、CJ社を通じて次のように回答した。

「(解雇された元社員による)提訴に関しては訴状を検討する時間がなく、コメントは差し控えさせていただきます。

 弊社では、旅行会社の関係者などを数十名から数百名の単位でクルーズ船に招待し、船内のバーなどで飲食を提供することがある。そうした費用は、船内で支払いをするが、支払い手続きは営業担当者が行い、堀川自身が行うことはない。また、社内割引もあるので、費用が25万円以上になるということもない。

 乗船中および入院中のお客様に対して、歯ブラシやシャンプーなどの生活用品を購入し、提供していたが、一部は、寄付された物資を提供する場合もあった。お客様に提供せずに余った物資については、返品することもできないため、希望する社員に提供した。そのほとんどは、弊社が購入したものである」

 8月27日(木)発売の「週刊文春」では、集団感染発生後にCJ社社員たちの置かれた過酷な状況、リストラの詳細、堀川社長の人物像などを詳報する。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年9月3日号)

あわせて読みたい

「不祥事」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  3. 3

    日本の携帯料金は「かなり高い」

    ロイター

  4. 4

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  5. 5

    百田氏の支持者は「普通の人」

    たかまつなな

  6. 6

    欅坂46改名原因はOGの暴露動画か

    文春オンライン

  7. 7

    タトゥー満額回答判決に識者驚き

    壇俊光

  8. 8

    元Oasisボーカル どん底から復活

    BLOGOS映像研究会

  9. 9

    略称2党が民主 プライド疑う指摘

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    菅首相の就任でコロナ対策に変化

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。