記事
  • ロイター
  • 2020年08月26日 15:20 (配信日時 08月26日 15:12)

米共和党大会、トランプ氏の通商政策称賛


[25日 ロイター] - 11月の米大統領選に向け、25日に開催された共和党の全国大会では、トランプ大統領の「強硬な通商政策」を高く評価し、同氏の再選を訴える演説が目立った。

トランプ氏の通商政策は特に中国との合意を巡ってはまちまちの結果をもたらしているものの、酪農家や鉱業都市の市長らはトランプ氏の通商政策で希望が膨らんだと称賛した。

激戦州であるミネソタ州の鉄鉱石産地エベレスのロバート・ブライサブレビッチ市長は「私は生涯にわたって民主党員だが、両党とも長きにわたって、中国など貿易パートナーによる搾取を容認してきた。彼らは鉄鋼製品を投げ売りし、米製品に関税を課してきた」と指摘。

民主党の大統領候補に指名されたバイデン前副大統領に言及し、「ジョー・バイデンのようないわゆるリーダーが何をしたか。何もしていない」と述べた。

トランプ氏は鉄鋼製品などの輸入関税を引き上げ、北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる「USMCA(米国・メキシコ・カナダ協定)」を再交渉。中国との貿易戦争を繰り広げ、今年「第1段階」の通商合意をまとめた。

2018年3月の関税引き上げ後、鉄鋼価格は上昇した。しかしその後、価格上昇によって自動車メーカーの需要が圧迫され、鉄鋼メーカーのレイオフにつながった。

米中通商合意は交渉に約1年半かかり、国勢調査のデータによると、米国の中国向け輸出は2019年に16年比で8%近く減少した。

重要州のウィスコンシン州で酪農業を営むクリス・ピーターソン氏は、政権の農業支援策などに言及し、「トランプ氏は理解を示し、われわれが必要とする支援を提供するために措置を取った。米経済全体、そして酪農家が再び回復しつつある」と強調した。

米政権は2019年に農家への直接支給を柱とする支援策に160億ドルを拠出した。

今年には新型コロナウイルスの感染拡大を受け、農家への追加支援プログラムも発表している。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  2. 2

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  3. 3

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  4. 4

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  5. 5

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  6. 6

    小池百合子知事、静養へ。1,400万都民の命を預かる重責に心からの敬意を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月23日 08:23

  7. 7

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  8. 8

    パソコン作業は腰への負担が1.85倍。腰痛対策には“後ろ7割”の姿勢を - 酒井慎太郎

    幻冬舎plus

    06月23日 08:40

  9. 9

    赤木ファイルの開示・・財務省は徹底的な再調査を行うべき

    大串博志

    06月23日 09:13

  10. 10

    小中学生の観戦は止めるべし。満身創痍、痛々しいオリンピックになることは必至

    早川忠孝

    06月22日 17:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。