記事

「人間の弱さ・迷いを的確に突いてくる」岩田健太郎教授と橋下徹氏が語った、新型コロナウイルスの“本当の怖さ”

 新型コロナウイルス対策への意見を積極的に発信し続けてきた神戸大学感染症内科の岩田健太郎教授が22日のABEMA『NewsBAR橋下』に出演。橋下氏が感染症対策と経済のトレードオフについて議論を交わした。

・【映像】神戸大・岩田健太郎教授 感染対策の疑問&日本のコロナ対応ココが変

 まず橋下氏は「岩田さんのような専門家には感染症を抑えための意見を出してもらうことが絶対に必要だ。しかしもう一方で、どうしても国民の暮らしというものがある。感染症を抑えていけば経済がダメになってしまうというトレードオフの関係があり、どちらかを成り立たせようと思ったら、どちらかを諦めないといけない関係になってしまっている。そこでは岩田さんも言うように、ステイホームはできる限りせまく、範囲も特定地域に絞るといった視点が必要になると思う。その前に特定地域の、特定業種の営業活動を止めるというところも重要だ。感染症対策と経済のバランスをとるための議論が、今までの議論の中ではちょっと欠けていたのかなと思う」と問題提起。

 すると岩田氏は「よく“経済”とよく言われるが、もうちょっと言えば、人権の問題だと思う。トレードオフというのはまさにその通りで、感染対策と人権侵害はトレードオフの状態にある。ステイホームというのは、家から出られない。堅苦しい言い方をすれば、人権侵害的な要素があるわけで、例えば結核も、蔓延を防ぐために、患者さんには一種の人権侵害を許容してもらわないといけなかった。我々感染症の専門家も、人権、もしくは経済と感染対策のトレードオフにどう折り合いをつけていくのか、一生懸命に力を尽くしてきた。その中では間違ってもきた。

例えばハンセン病の対策においては、特別な療養所を作って隔離することが医学的には必要なかったのに、半ば差別的に押し込めてしまった。経済の専門家が議論に入って加わるのはすごくいいことだと思うが、その感染症にどのくらいの感染リスクがあり、どのように感染するかということを正確に理解し、それを援用して初めて議論ができる。新型コロナウイルスについても、“経済が大事なんだから,感染症の議論は置いておこうよ”ということになると、やっぱり筋が違ってくる思う。ともすると、感染症の専門家の意見は聞いていられないよという雰囲気が日本に感じられるのを非常に危惧している」と指摘。

 その上で、「恐ろしさという観点でいえば、新型コロナウイルスはこの100年で最も恐ろしい感染症だと思う。その本質は、人間の弱さとか迷いを的確に突いてくるという、非常に難しい性質を持ったウイルスだからだ。例えば私がアフリカで対応したエボラ出血熱は死亡率が非常に高いので、“エボラなんかどうでもいい”という人はおらず、宗教の人も政治の人も役人の人も、みんなが封じ込めるために一致団結できる。ところがコロナは8割、9割の人が軽い症状で、すぐに治ってしまう。であるがゆえに非常に広がり、わずか半年ちょっとで世界中で何千万という人が感染した。こんな感染症は存在しない。

一方で、1割、2割の患者さんは重症化してしまう。人工呼吸器をつけなければならず、これといった特効薬も存在しない。非常に苦しい中、1カ月、それ以上の長い闘病生活の末にお亡くなりになってしまう方もいる。感染症でいえば、結核で年間100万人くらいが亡くなっているが、大多数は医療リソースの足りない途上国の方々だ。しかしコロナはすでに世界で60万人に達している。やはりすごい規模の感染症だと言わざるを得ない。それでも“看過していいじゃん”という話にどうしてもなってしまう。意見が分かれるし、コンセンサスが得にくいのが色んな意味で怖い」訴えた。

 橋下氏も「死に至る怖さというよりも、少数の弱い人たちを救うために大多数の人たちが生活を犠牲にしなければならないが、どうするか、というところを突きつけられる。社会問題としての怖さだ。最後は政治判断だが、医療体制が崩壊しない範囲で、ある程度の感染はやむなしという判断をしながら経済を動かしていくのか。それとも、“いや、とにかく感染を抑え込まないといけないんだ。経済は二の次だ”という方向でいくのか。最後は国民の判断だと思う」と話していた。(ABEMA/『NewsBAR橋下』より)

▶映像:神戸大・岩田健太郎教授 感染対策の疑問&日本のコロナ対応ココが変

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  2. 2

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  3. 3

    「半沢直樹」描かれる銀行の今昔

    大関暁夫

  4. 4

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  5. 5

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    深夜の出迎えに河野氏「ヤメレ」

    女性自身

  7. 7

    宗男氏 野党の新内閣批判に反論

    鈴木宗男

  8. 8

    菅首相は本当に叩き上げ苦労人か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    正恩氏の動向を報道中に北で停電

    高英起

  10. 10

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。