記事

学校の机 消毒は不要? 文科省のガイドライン更新で

 文科省のガイドラインが変わり、今まで時間をかけて机の消毒をしていたのに、もうやらなくていいのか悩む。根拠が分からない、とある先生から悩みを聞いた。

■消毒は先生の負担に

 ガイドラインとは、学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル〜「学校の新しい生活様式」〜のことだ。

 このガイドラインを参考に各小中学校で先生や地域の人たちがボランティアで教室の机などを消毒している例が多い。学校によって異なるようだが、教室の机は担任が行い、廊下をシルバー人材センターに頼む例もあるそうだ。担任が行う場合、クラスの人数によりけりだが、20〜30分かかることがあり、なかには90分もかかる例があるとの話もあった。

 このガイドラインが8月5日にVer.3となり、「机、椅子についても、特別な消毒作業は必要ありませんが、衛生環境を良好に保つ観点から、清掃活動において、家庭用洗剤等を用いた拭き掃除を行うことも考えられます」「床は、通常の清掃活動の範囲で対応し、特別な消毒作業の必要はありません」「器具・用具や清掃道具など共用する物については、使用の都度消毒を行うのではなく、使用前後に手洗いを行うよう指導します。」と書かれたことから、では消毒しなくていいのかとの疑問ができているのだそうだ。

■やらなくていい根拠は?

 必要ないのならやらないが、その根拠が書かれていないので判断に迷うという。

 Ver.2には、「学校では様々なものを共用しており、用具や物品の共用を避けることができれば避けるようにしますが、消毒できるものについては消毒を行い、使用後には手洗いをするように指導します」「児童生徒等がよく手を触れる箇所(ドアノブ、手すり、スイッチなど)や共用物は1 日に1回以上、消毒液を浸した布巾やペーパータオルで拭きます」とあったことからの変更だ。

 Ver.3には別に、「清掃活動とは別に、消毒作業を別途行うことは、感染者が発生した場合でなければ基本的には不要ですが、実施する場合には、極力、教員ではなく、外部人材の活用や業務委託を行うことによって、各学校における教員の負担軽減を図ることが重要です」とも書かれている。

 教員の負担軽減を考えたことは良いことだが、こちらもその根拠が分からない。

 このような消毒のガイドラインが変わったことで、学童クラブでの消毒もどうしたらいいかとある支援員との話もあった。

 自治体として、どのような基準で行っていくかも、ある程度考える必要もありそうだ。

■判断に迷うガイドライン

 同ガイドラインには、「これまでの累積データによれば、10 歳未満及び10 代では、罹患率が他の年代と比べ低くなっており、これらの年代での発症割合、重症割合ともに小さいとされています。15歳未満の罹患率が最も高いインフルエンザとは、感染しやすい層の傾向が大きく異なる状況と考えられますが、本感染症は未だ不明な点も多く、引き続き十分注意する必要があります」と書かれている。安心していいのか、注意深くするのか判断に迷ってしまう。

 とはいえ、新型コロナウイルス感染症への対応は、未知のことが多いため試行錯誤が続くことは仕方がない。不安だけで考えるのではなく、明白な根拠と理由が分かってきたら生活様式も変えていくことも必要なのだろう。

 ガイドラインには、また、「地域で感染経路の不明な感染者が増加しているなど、警戒度を上げなければならない場合であっても、臨時休業のみならず、分散登校及びオンライン学習等の可能性を積極的に検討し、学びの継続に取り組んでください」と書かれ、「感染症対策を徹底しつつも、感染リスクはゼロにすることはできないという事実を前提」との一文もあった。参考にしたい。

【参考】
文部科学省
 学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル〜「学校の新しい生活様式」

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  2. 2

    「テレビ報道が自民党一色になっていることへの懸念はあった」立民・安住淳議員に呆れ

    鈴木宗男

    09月20日 15:48

  3. 3

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  4. 4

    「論文ランク1位は中国」ノーベル賞常連の日本が貧乏研究者ばかりになってしまった根本原因

    PRESIDENT Online

    09月20日 14:10

  5. 5

    医療逼迫招いたのは日本医師会か 医師不足に触れず「病床増やそう」は欺瞞

    NEWSポストセブン

    09月20日 17:06

  6. 6

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  7. 7

    「感染ゼロではなく、重症化ゼロを目指す。医療と経済は両立できる」現場医師の提案

    中村ゆきつぐ

    09月21日 08:28

  8. 8

    警察庁長官、警視総監だけじゃない 総裁選の裏で安倍前首相の“懐刀”が続々出世の怪

    NEWSポストセブン

    09月20日 14:41

  9. 9

    河野太郎は自民総裁選で勝てるか? 父と祖父があと一歩で届かなかった首相の座

    田原総一朗

    09月21日 08:02

  10. 10

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。