記事

全米を熱狂させるトランプ大統領「影の首席補佐官」の話術

全米一の人気者・ハニティ氏(AFP=時事)

 日本でも、安倍晋三首相に批判的な朝日新聞や毎日新聞などリベラル系メディアと、応援団のような報道が目立つ産経新聞、読売新聞、NHKなどの保守系メディアの違いが注目されているが、アメリカのメディアはもっと極端に左右に割れている。ニューヨーク在住ジャーナリスト・佐藤則男氏が、アメリカでは超有名な「トランプ大統領の盟友」を紹介する。

 * * *

 この男、ニュース番組の途中でカメラに目線を送ると、「それではホワイトハウスに電話を入れてみます」と平気で言う。スタジオから電話をかけると、本当にトランプ大統領が電話に出てくる。アメリカ大統領が、こんなに簡単にテレビの生インタビューに応じている光景は、かつて目にしたことがない。

 しかも、この男の話し方は大統領に対するものには聞こえない。まるで友達と会話しているようだ。緊張感もなければ、儀礼的な言葉使いもない。他のインタビュアーが必ず使う「ミスタープレジデント」という呼び方も彼は使わない。トランプ氏のほうも、好きなことを好きなように話す。そして、すぐに激しい口調になる。お互い熱を帯びてくると、同僚同士がレストランで政治談議をしているようだ。それほど気が合っているのである。

 この男こそ、「トランプチャンネル」とか「共和党テレビ」などと揶揄されるFoxニュースのアンカーマン、ショーン・ハニティ氏である。極端な右寄りの言動で知られるが、筆者はそんな言葉では足りないと思う。言うなれば「左殺し」である。左派攻撃では一切手加減せず、相手が黙るまで徹底的に論難する。最後はボクサーがサンドバッグを好きに叩いているような光景になる。

 ハニティ氏の「武勇伝」は数多くあるが、古くは夫のクリントン氏が大統領だった1990年代に起きたホワイトウォーター疑惑(夫妻が関わったとされる不正な不動産投資事件。結局、大騒ぎの末に何も証拠は出てこなかった)で、夫妻の顧問弁護士が自殺したことを「クリントン夫妻が殺した」などと強い言葉で非難して物議をかもした。前回の大統領選挙では、民主党のヒラリー・クリントン候補が演説の際に檀上がよろめいたことに目を付け、「彼女はパーキンソン病だ」と発言して陣営を苦しめた。さらに、2012年に起きたベンガジでのアメリカ大使館襲撃テロについて、国務長官だったヒラリー氏は事前に情報を得ていながら大使館員を見殺しにしたと批判した。いずれも、それを裏付ける証拠はない。

 ハニティ氏はFOXの看板スターで、その地位は確固たるものである。視聴率は、すべてのケーブルニュース番組でナンバーワン。さらに、全国のラジオに毎日のように出演し、右寄りの思想を広めている。そのエネルギーには敬服するし、彼の年収は何億ドルにも達すると推定されている。筆者も彼のニュースショーをよく見るが、ナレーションのうまさ、印象に残る独特のツッコミ方、証拠の乏しい(あるいはまったくない)話をまことしやかに構成する能力、正義感を醸し出す熱弁、どれをとっても超一流で、生まれつきの論客だ。その魔術にかかると、何が真実で何が正義か、いつの間にかわからなくなってしまう。

 前回2016年の大統領選挙の時点で、すでにハニティ氏とトランプ氏はとても親しい関係だったとされる。夜、トランプ氏があれこれ考えて眠れなくなると、ハニティ氏に電話するという報道もあった。少なくとも、政策に関して二人はよく相談しているようだ。彼の番組でトランプ氏と政策について話している様子から、それは視聴者にもわかることだと思う。筆者は、彼の主張とトランプ政権の政策を見ていて、特に外交について、ハニティ氏が自分の人脈を駆使してトランプ氏にいろいろアドバイスを与えていると感じている。

 かくして、トランプ側近のスタッフたちは、ハニティ氏を「影の大統領首席補佐官」と呼ぶようになった。大統領が一報道人とそんな関係になって良いのか、もちろん疑問は浮かぶ。国家機密は漏れないのだろうか。

 日本もそうだと思うが、テレビスターの評価は視聴率で決まる。アメリカのケーブルテレビニュース局の視聴者数は、4月時点で次のようになっている。

FOX News:368万人

CNN:203万人

MSNBC:195 万人

 FOXの影響力がいかに大きいかよくわかる。そのトップに君臨するのがハニティ氏である。トランプ氏は毎日記者会見し、FOXはそれを流し続ける。そして、ハニティ氏の電話インタビューにも気軽に応じる。その結果、トランプ氏が再選されれば、この危なっかしい蜜月関係は、あと4年続くことになるだろう。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  3. 3

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  4. 4

    携帯料金よりNHK受信料を下げよ

    自由人

  5. 5

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  6. 6

    河野氏は霞が関ホワイト化可能か

    千正康裕

  7. 7

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  8. 8

    ソフバ株売出し 驚きの人気ぶり

    近藤駿介

  9. 9

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  10. 10

    ウイグル問題 世界的企業に打撃

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。