記事
  • SmartFLASH

安倍首相、慶応病院に検査入院するもアッキーの姿なし


8月17日夕方、病院を出る安倍首相

「7月6日に倒れたとき、総理の医師団は、ガンを疑った。直後に、8月17日に検査することが決まったのです」

 こう話すのは、ある官邸関係者だ。本誌が8月4日発売号でスクープした、安倍晋三首相(65)の “吐血情報” が、国内外を駆け巡った直後、8月17日、慶應義塾大学病院に検査入院したのだ。政治ジャーナリストの野上忠興氏は、その内幕を明かす。

「首相は当初の予定では1週間ほど、状況次第では8月いっぱい入院して、休養する予定でした。しかし、政局になることを警戒し、急遽 “日帰り検診” に変更したそうです」

 すでに満身創痍――。しかし安倍首相は、“政権投げ出し” の屈辱を、意地でも再び味わうつもりはないようだ。

「総理は、同じ辞め方だけは絶対にしたくない。最側近の今井(尚哉・首相秘書官兼補佐官)さんは、『病室で執務するから大丈夫だ!』と言い放っていました」(自民党中堅議員)

 検診当日、本誌も慶應病院に駆けつけたが、昭恵夫人(58)の姿はなかった。「2007年の辞任直後の入院の際は、慶應病院のロビーでポツンと夫を待っていた」(政治部デスク)というアッキー。このところ動向が報じられないが、いったいどこへ消えたのか。

「最近は動静が掴みづらいところがありました。というのも、都内のホテルなどに滞在することが増えていたんです。“ゴッドマザー” である母・洋子さんも体調が悪いので、昭恵夫人の不在時、総理は自身で身のまわりのことをしていると聞きます。

 ただ、夫人も17日以降、午前中は家にいるそうで、午後から用事で外出、18時前後に帰宅するという日々です」(官邸担当記者)

 アッキーといえば、自身で居酒屋「UZU」を経営するなど、“お酒好き” として有名だ。店を訪ねると……。「最近、お店には来ていないと聞きます」(常連客)。さすがのアッキーも、飲み歩きは自粛しているらしい。

「昭恵さんは、総理の体調が悪くなると、急にかいがいしくなる。第一次政権のときもそうでした」(夫人の知人)

 8月24日に、連続在職日数が歴代1位となった安倍首相。アッキーのおとなしさが、緊迫の度合いを不気味に暗示しているようである。

(週刊FLASH 2020年9月8日号)

あわせて読みたい

「安倍昭恵」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    安倍疑惑追及に弁護士視点で苦言

    青山まさゆき

  3. 3

    河野氏 行政の押印手続き1万種超

    河野太郎

  4. 4

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

  5. 5

    ディズニーが中国依存強め大誤算

    PRESIDENT Online

  6. 6

    不便なマイナンバーの改善を急げ

    WEDGE Infinity

  7. 7

    キングオブコント芸人は喋りすぎ

    メディアゴン

  8. 8

    「愛子天皇」誕生の機運が高まる

    文春オンライン

  9. 9

    コロナで行列増 中高年「勘弁」

    中村伊知哉

  10. 10

    政府の代弁者が重宝されるTV業界

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。