記事
  • ロイター
  • 2020年08月26日 00:50 (配信日時 08月26日 00:46)

米国務長官がスーダン訪問、首相とテロ支援国家指定解除を協議


[ハルツーム 25日 ロイター] - スーダンのハムドク首相は25日、ポンペオ米国務長官と「率直で透明性ある」協議をしたと述べた。米国によるテロ支援国家指定の解除も議題に挙がったという。

ポンペオ氏はイスラエルから直行便でスーダンに到着。イスラエルとスーダン間を公式な直行便が飛ぶのは初めて。米国は両国の関係を強化しようとしている。

イスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)が今月に国交正常化で合意したことを受け、ポンペオ氏は中東を歴訪。イスラエルと米国は他のアラブ諸国もイスラエルと国交正常化で合意するよう働き掛けている。

米国はバシル前政権時、スーダンが過激派組織を支援している疑惑やダルフール紛争の戦争犯罪を理由に制裁を科した。バシル政権は2019年4月、軍のクーデターで崩壊した。米国はスーダンに対する貿易制裁を17年に解除したものの、依然テロ支援国家に指定されており、必要とする国際的な金融機関からの資金調達ができていない。

ハムドク首相は、民主化勢力が主導する暫定政権の支持について話したとツイッターに投稿。スーダンの革命に向けた「前向きで具体的な動き」を期待していると表明した。

米国務省はポンペオ氏のハルツーム訪問について、民主政治への米国の支持と「スーダン・イスラエルの関係強化」を話し合うと説明した。

米当局者は、イスラエルとスーダンの国交正常化や米国の制裁解除などの発表はあるかとの質問に「さらに歴史的な偉業を成し遂げる可能性はある」と答えた。

スーダンにとってイスラエルとの関係は慎重な議題だ。イスラム国であるスーダンはバシル前政権の下、イスラエルにとって強硬な敵国だった。

ブルハン統治評議会議長は2月、イスラエルのネタニヤフ首相とウガンダで協議したが、早期の国交正常化に慎重な姿勢を示した。

スーダンは8月19日に外務省の報道官を解雇したと発表。イスラエルと国交正常化を結んだ3番目のアラブ国となったUAEの決断が「勇敢で思い切ったものだ」と発言したことが理由だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  2. 2

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  3. 3

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  4. 4

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  5. 5

    【独自】自民党総裁選4人の候補者に政策方針アンケートを実施 消費増税の可能性から夫婦別姓の是非まで

    BLOGOS編集部

    09月24日 18:49

  6. 6

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  7. 7

    山口FGで起きた「山口の変」が示唆する地銀改革を邪魔する根源

    大関暁夫

    09月24日 14:34

  8. 8

    野党4党の討論会で代表代行の江田憲司氏が登場 枝野氏は野党第一党を死守したいだけか

    早川忠孝

    09月24日 18:13

  9. 9

    再任してほしい歴代首相ランキング 2位は安倍晋三氏「1番日本が平和だった」

    女性自身

    09月24日 14:23

  10. 10

    「スマホレジ」が変えるコンビニ店舗の風景

    内藤忍

    09月24日 10:29

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。