記事
  • 海老原嗣生

コロナ総括⓴「第二波は来ない」という上久保説にこれだけの疑問

1/2

「新型コロナ《第2波》は来ない」と上久保氏はいうが

日本は欧米よりも新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による被害が小さかった。その理由として、いくつかの非常に面白い理論が広まっている。今回と次回、二回にわたりその詳細について、検証していくことにする。

初回は、上久保靖彦氏(京都大学大学院特定教授)の理論を俎上に上げさせていただく。

上久保説の概略は以下の通りだ。

■COVID-19を引き起こしている新型コロナウイルスには3種(S型、K型、G型)がある。

■当初、昨年11月以降に毒性の薄いS型・K型が流行を始めた。そののちに、変異型で毒性の強いG型が広まった。

■K型に罹患して得られた免疫はG型の防御にも有効だが、S型のそれはG型を防がない上に、重症化をさせてしまう。

■日本は武漢以外の中国からの来日を3月9日まで禁止していなかったために、S型とK型が十二分に国内に広がる時間的猶予があった。実際に、11月~3月9日までの中国からの訪日者は184万人にも上っている。彼らから、K型を罹患した日本人たちはG型に対して有効な免疫を有することになり、結果、G型の被害が抑えられた。

■一方、米国は早期(といっても日本時間2月3日)に中国からの入国を禁止したため、S型・K型の蔓延が進まなかった。また、欧米ではインフルエンザが流行していたために、ウイルス干渉(2種のウイルスには感染しにくい)により、同時期に流入したS型・K型が広まり難かった。とりわけ、S型よりも発生が遅れたK型は、インフルエンザ流行期に流入が重なったために、感染が少なかった。こうしたことにより、欧米ではG型の被害が大きくなった。

■白人が多いオーストラリアは、中国との往来が盛んなために、早期にK型に感染した人が多かったと予測される。そのため、死者は約100人程度と少なくなっているちなみにオーストラリアはBCGを行っていない。つまり、被害の重い軽いは人種やBCGではなく、K型の感染履歴によるものと考える。

(7月27日に開催された「コロナ第2波」に関する上久保氏等の記者会見/Daily Will「改めて言う!! 新型コロナ《第2波》は来ない」から筆者抄録)

訪日中国人は11~1月に約240万人
対して2・3月は10万人弱・・・?

私はこの話を何度となく読んできたが、首肯できない点が多々あった。

まず、欧米との違いを解くうえで重要となる中国からの訪日者数の正確な数字を入管データから拾っておこう。

11月:75万951名
12月:71万234名
1月:92万4790名
2月:8万7220名
3月:1万365名


11~2月までで238万5975名となるので、上久保氏の発言(11月~3月9日までで184万人)とはだいぶ齟齬があるが、これは誤差の範囲としておく。

3月までで合計243万3560名となるが、11~1月分が96.1%を占めている。2・3月来日者はこの間のたった3.9%にしかなっていない(全体のおおよそ26分の一)。2月3日に入国禁止としたアメリカと大差ない状況だ。ちなみに、1月27日に中国は団体海外旅行を禁止にしている。それ以降の中国出国者が激減したため、入管規制以前に、訪日者は大幅に減っていたのだ。上久保氏がいう「入国規制が遅れたことによる日本のみがラッキーな状況」というのはそれほどのものではないだろう。これが一点目の疑問。

さて、次の疑問点に移ろう。中国からの訪日者の圧倒的多数が、1月26日以前の訪日者となる。この時期まてだと、発生がより早かったS型の感染者の方が、日本でも多くなったのではないか?ならば、K型蔓延によるG型防御は成り立たず、欧米同様、S型先行によるG型の重症化、となったのではないか?これが二つ目の疑問点。

この二点はいずれも、2・3月の訪日中国人が、11~3月期全体のたった3.9%しかいないという事実に基づくものだ(関連記事はこちら)。

1月末出航のDP号乗客症例の矛盾をどう考える?

そして、3つ目の疑問。仮に、日本で1月末までに何らかの事情により、S型よりもK型が広く流行していたとしよう。この仮説と、かのダイヤモンド・プリンセス号(以下、DP号)での船内感染の状況とを重ね合わせてみると、齟齬が出るのだ。DP船は1月20日に日本を出航している。この時までで多くの乗客は日本にいたので、仮説通りなら、K型に感染して抗体を獲得していた人も多くなるだろう。ならば、DP号の日本人乗客は難を免れたか?

同船での日本人乗船客は1281人となる。そのうち270名が感染し、8名が死亡した。乗船→死亡率は0.62%、感染→死亡率は2.96%となる。若干、第一波の感染→死亡率よりも低いが、それはPCR検査を広く行ったために無症状感染者を広く捕捉した(感染者の約半数)せいだろう。

一方、日本人以外(乗客では多い順に米国人・オーストラリア人・カナダ人、船員ではフィリピン人が最多)では、2430名の乗船者に対して、感染は364名、死亡者は6名となる。乗船死亡率は0.25%、感染死亡率は1.65%といずれも日本人よりも低い。船員が乗客よりも総じて若いことを考えたとしても、上久保説が素直に受け入れられない状況だ。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  2. 2

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  8. 8

    トヨタ 39車種21万台をリコール

    ロイター

  9. 9

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。