記事

一生懸命生きることと同じくらい、死について考えたり論じたりすることも大切です -「賢人論。」第119回(後編)小堀鷗一郎

1/2

2018年11月、厚生労働省は「ACP(アドバンス・ケア・プランニング)」の愛称を「人生会議」とすることを発表。自らが望む人生の最終段階における医療・ケアについて、本人が事前に家族や医療・ケアチームと話し合う取り組みを推進している。在宅医療の分野において先駆的役割を果たしてきた小堀鴎一郎氏は、この騒動をどのように受け止めていたのか。なかなか進まない「在宅死」問題とも合わせて意見を伺った。

取材・文/木村光一 撮影/荻山 拓也

「死」はドラマの中のできごとではなく身近なものとしてとらえる

みんなの介護 終末期の医療やケアについて事前に家族や医師などど話し合う「人生会議(ACP:アドバンス・ケア・ プランニング)」について小堀先生はどのようにお考えですか。

小堀 厚生労働省の取り組みとしてはヒット作だったと思っています。自分の死や人生の最終段階について、きちんと考えられる状態のときに家族皆で「人生会議」と称する話し合いをしておきましょうというのが主旨ですから、何も間違いではなかった。

ただ、周知目的で制作されたポスターが否定的な受け止められ方をしてしまった。これは非常に残念でした。

いずれにせよ、一生懸命生きることと同じくらい、「死」について考えたり論じたりすることも大切なはずなのに、この国はなかなかその段階に進めずにいる。そこが一番の問題なんです。

みんなの介護 死を恐れすぎる余り、自己の死について思考停止に陥っているということですね。解剖学者の養老孟司先生と「死」について真正面から語り合った近著『死を受け入れること』を上梓されたのも、そういった現状に対する問題提起でもあったのでしょうか。

小堀 「在宅死」が一般的な死に方だった1950年代まで、死は誰にとっても身近にありました。それが今日では「病院死」の割合が大きくなり、いつの間にか「死」はドラマの中に出てくるできごとになってしまった。

ただ、昨今のコロナ禍によって死が急に身近に迫ってきたと感じている人も増えているのはたしかなようです。きっかけは何でもかまいません。皆さんも自分の死について、一度じっくり思いを馳せてみてください。

自分の死を受け入れなければ「理想的な死」は迎えられない

みんなの介護 小堀先生が訪問診療医として行ってきた看取りは、まさに「人生会議」の先駆けだったと思われます。先生は「理想的な死の迎え方」とはどういうものだとお考えですか。

小堀 カルミネーション(最高点や頂点、最高潮のこと)を目指し、自分がやりたいことをして死ぬ。「こうありたい」と願う最期を迎えるのが理想的な死に方でしょう。

しかし、それを実現するには、まず患者さん自身が「自分が死ぬ」ことを理解してもらう必要があります。

今の世の中には「人間はいつか死ぬ」という発想が欠落している。それを理解できないと自分の死は受け入れられない。どういう死に方をしたいか考えるというのは、その次の段階なんです。

以前に石巻で東日本大震災に遭われた80代後半の老夫婦がいらっしゃいました。津波で自宅を流され、親しかった近所の方々も多く失って。それで堀ノ内病院のある新座市に住む娘さんのところへ身を寄せたわけですが、奥さんは震災のトラウマでうつになってしまった。

1年半ほど経過すると奥さんは回復を見せたのですが、僕が訪ねたときは顔が黄色くなっていました。すぐに入院させて検査したところ、膵臓がんが肝臓に転移していてすでに末期。黄疸が出ていたんです。

みんなの介護 末期となると、治療による回復も難しい状況が多いですよね。その方とご家族はどのようにおっしゃったのでしょうか。

小堀 娘さんの息子であるお孫さんから「これ以上検査をするのはやめてください。すぐにおばあちゃんを家へ帰して、おじいちゃんと2人にしてやってください」と言われました。

そのお孫さんは大きな病院に勤める医師で、もう助からないことをただちに理解したわけです。

しかし本人に「お孫さんがきちんと面倒をみてくれるって言っているから、あとは家で療養なさってはどうですか」と勧めても、「とんでもない。こんなに体がだるくては主人のご飯もつくれません。私は元気になってから退院します」ときっぱり拒絶されてしまった。結局、奥さんは4日後に亡くなりました。

つまり、この患者さんは震災で「人の死」をいやというほど目のあたりにしてうつを経験したにもかかわらず、「自分が死ぬ」とは露ほども考えていなかった。これは皮肉ではなくて、世間一般の方は皆さん同じで、今はそういう世界になってしまっているんです。

みんなの介護 自分の死をイメージできるかどうか。まずはその一線を越えないことには理想の死に方を模索することもできないわけですね。

あわせて読みたい

「在宅医療」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  3. 3

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

  4. 4

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  5. 5

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  6. 6

    母親像や家庭のあり方が多様化する現代で感じる「母の日」への違和感

    常見陽平

    05月09日 13:39

  7. 7

    東京五輪、本当にやるんですか?

    安倍宏行

    05月09日 10:22

  8. 8

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  9. 9

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  10. 10

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。