記事

安倍首相 歴代最長政権 体調不安など前途多難

安倍首相は、昨日24日、第2次内閣発足からの連続在職日数が2799日になり、歴代最長の佐藤栄作氏を抜いて単独1位になりました。

約7年8ヶ月もの異例の長期政権を担ってきましたが、コロナ対応で支持率が下がり、成果と自認していたアベノミクスも影響を受け、さらに自身の体調不安と、前途多難になっています。

今日は、2週間ぶりの閣議に出席していましたが、今日の自民党役員会は中止、27日に予定されていた首相と党幹部などによる<在職記録更新の「お祝い会」も延期され、首相の体調不良に配慮したのではないか、とみられています。

安倍首相は、17日に病院で検査を受けたとしていますが、7時間半もの滞在で、昨日も同じ病院で、検査の結果を聞き再検査した、としています。コロナ対応などで大変な時でもあり、体調がよくないなら、早期に交代したほうがよいと思います。

コロナ対応では、自身のことばで語らないことなどもあり、支持率が下がっています。22~23日に共同通信社が実施した全国電話世論調査では、安倍内閣の支持率は前回7月の調査より2.8ポイント減の36.0%で、2012年の第2次安倍内閣発足後、2番目に低い数字となり、不支持率は49.1%でした。

政府の新型コロナ対応への不満があり、「評価しない」は58.4%に上り、「評価する」の34.0%を引き離しています。コロナ対応での各国のリーダーの支持率の変化で、興味深いデータが報じられています。

日本の安倍首相が-11%、ブラジルのボルソナロ大統領が-10%、米国のトランプ大統領が-3%、ニュージーランドのアーダーン首相が+12%、ドイツのメルケル首相が+16%、となっています。

国民が必要とする政策を実施するだけではなく、きめ細かに会見などをして語りかけている女性のリーダーが支持されていることが、よくわかります。

最長政権の間に、安倍首相が、どのような政策を実施したかをみると、まず、アベノミクス3本の矢として、異次元の金融緩和、機動的な財政運営、成長戦略を掲げました。その後、女性活躍、一億総活躍、働き方改革など、次々と看板を掛け替え、野党は「やったふり」と批判しています。

株価の上昇など、政権が支持された要因となったアベノミクスの成果とされているものは、新型コロナによる経済の悪化で、吹き飛んでいます。安倍政権が、権力が個人の内面に介入する法律を整えたことは、将来、言論統制が強まる重要な起点となる、と警鐘を鳴らしている専門家もあります。

2013年に成立した「特定秘密保護法」、2017年に成立した、いわゆる「共謀罪」法です。秘密の範囲が明確でなく、恣意的な処罰への懸念が払拭されていません。一方、掲げていた憲法改正、ロシアからの北方領土返還、北朝鮮の拉致家族の問題などは、全く進んでいません。

これだけの長期政権を許したのは、野党のだらしなさがあると思います。是非、別の選択肢を示してほしいと思いますし、私たち有権者も、新型コロナによって、より研ぎ澄まされた考え方で対応していくことを願っています。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  3. 3

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  4. 4

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  5. 5

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  6. 6

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  7. 7

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

  8. 8

    芸能界で続く謎の自殺 ケア急げ

    渡邉裕二

  9. 9

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  10. 10

    貧乳OK巨乳NG 仏美術館で騒動に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。