記事

「ワクチン投与まで経済は止めるべき」という考え方は間違っている

1/2

人間の体にとってワクチンは「異物」である

いよいよ新型コロナウイルス対策の核心にワクチンが入ってきた。しかし、ワクチンで一番気を付けなければならないのが深刻な副反応、つまり健康被害である。

ワクチンによる予防接種とは、病原体(ウイルスや細菌など)の毒性を弱めたり、あるいは分解して不活化したりしたかけらを健康な人の体に注射し、体の抗原抗体反応を利用して感染を防ぐ方法である。

人間の体にとってワクチンは異物だ。そのため副反応が起きる。注射した上腕部が赤く腫れる程度ならまだいいが、場合によっては重篤なアレルギー反応を引き起こして死亡する危険性もある。子宮頸がん予防ワクチンに対していまだに「接種反対」の声が強いのも、副反応とみられる被害があったからだ。

ロシアが世界で初めて承認した新型コロナウイルス感染症のワクチン。モスクワのガマレヤ研究所とロシア直接投資基金が開発したという。ロシアが世界で初めて承認した新型コロナウイルス感染症のワクチン。モスクワのガマレヤ研究所とロシア直接投資基金が開発したという。 - 写真=AFP/時事通信フォト

ロシア製ワクチン「スプートニクV」は本当に安全なのか

ロシアのプーチン大統領が8月11日、新型コロナの予防接種について「ロシア製のワクチンを承認した。世界で初めのことだ。有効性は十分で抗体ができる。8月末から9月にかけてワクチンを医療関係者から投与していく」と発表した。

ワクチンの名前は「スプートニクV」。旧ソ連が1957年に打ち上げた世界初の人工衛星スプートニクにちなんだ名前だ。プーチン氏はワクチン開発でもアメリカを打倒し、世界のワクチン市場に打って出たいのだろう。

しかし、新型ウイルスのワクチン開発は、これまで早くても2~3年はかかるといわれてきた。新型コロナが中国湖北省武漢市で最初に感染拡大を引き起こしてからまだ1年も経たない。遺伝子工学技術の急速な進歩でワクチンの製造過程がかなり短縮できるようになったとはいえ、沙鴎一歩は「早過ぎて危ない」と懸念する。

報道によると、ロシアのワクチン開発は、モスクワのガマレヤ国立疫学・微生物学研究所が国防省の協力で実施し、臨床試験では軍人が次々と投与を受けた。

10月にもワクチンの大量生産ができる見通しだ。アジアの国々のほか、南米や中東がロシア製ワクチンの購入に強い関心を見せ、現在20カ国から計10億回分以上の注文を受けているという。

ロシア製は第3段階を終えずに承認した「見切り発車」

ロシアでは新型コロナの感染者数が約90万人と世界で4番目に多く、プーチン政権は感染拡大を防がなければ、政権そのものが倒れかねない。このためワクチンの開発を急ピッチで進めてきた。ワクチン開発が成功すれば、莫大な外貨資金が得られるうえ、外交的にも強い立場に立てる。

しかし、臨床試験で最終的に安全を担保する第3段階が完了していない。第3段階を終えずに承認した「見切り発車」なのである。このためロシア国内では安全性を心配する声が多く出ているし、アメリカもWHO(世界保健機関)もロシア製ワクチン「スプートニクV」を評価していない。

日本国内では、大阪大学発のベンチャー企業「アンジェス」(大阪府茨木市)がワクチンを開発中だ。これは最新の「DNAワクチン」で、2021年の春以降の実用化を目指す。6月から大阪市立大病院で治験を始めていて、9月上旬から大阪大病院でも治験を始める。

「SARSのワクチン」は症状がかえって悪化してしまった

一方、感染症の専門家の間ではワクチンの効果を疑問視する声が少なくない。

8月21日に開かれた政府の分科会では専門家が「過度な期待はすべきではない」と説明している。風邪やインフルエンザなどのワクチンで、感染そのものをパーフェクトに予防できるものはないからだ。インフルエンザのワクチンも、効果が認められているのは重症化に対する予防効果である。

開発中の新型コロナワクチンも同様に考えたほうがいい。感染そのものの予防効果は期待できないだろう。

感染症の専門家たちも副反応を心配している。開発中の最新のワクチンの大半は、ウイルスの遺伝子の一部を使った「DNAワクチン」で、これまで一般の医療現場で投与された実績がない。治験では分からなかった重い副反応が出る恐れはある。

たとえば中国などアジアで流行したSARS(サーズ、重症急性呼吸器症候群)の病原体はコロナウイルスの一種で、今回の新型コロナとも遺伝子構造がかなり類似している。このSARSのワクチンの開発試験では、動物への投与で抗体ができたものの、その抗体の反作用で症状がかえって悪化してしまった。

ワクチンの投与開始後の調査体制をきちんと整備しておくことはもちろん、副反応の健康被害に対する救済措置の十分な検討も必要だ。高齢者や基礎疾患(持病)保持者、医療従事者から優先的に接種することも固まってきたが、接種を希望しない、あるいは接種を拒否するという「権利の保障」も求められる。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  4. 4

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  5. 5

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    TDR契約社員 事実上の退職勧奨か

    文春オンライン

  7. 7

    百田氏の支持者は「普通の人」

    たかまつなな

  8. 8

    欅坂46改名原因はOGの暴露動画か

    文春オンライン

  9. 9

    日本の携帯料金は「かなり高い」

    ロイター

  10. 10

    タトゥー満額回答判決に識者驚き

    壇俊光

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。