記事

「国に頼ることはもう諦める」東京都医師会会長のFacebook投稿に多くの賛同

7月30日、会見を行った東京都医師会会長・尾崎治夫氏/共同通信社

東京都医師会会長の尾崎治夫氏が24日夜、自身のFacebookを更新し、安倍首相の健康問題騒動で国会召集が遠のく現状を受け「国に頼ることは、もう諦めようと思います。東京都と協力して、やれることをやっていきます」などと綴った。

尾崎氏は先月30日に会見を開き、「これ以上国の無策の中、感染者が増えるのは我慢できない」として、臨時国会を召集し休業補償付きの法的拘束力のある休業要請を法制化するよう強い口調で求め、話題となっていた。

首相代行を立ててでも法改正すべき

AP

今回のFacebook投稿では、安倍首相の健康問題について、「病気が重くなっているのであればしっかり治していただきたい」と気遣ったうえで、改めて国会召集の必要性を以下のように訴えた。

私の気持ちとしては、今のコロナ危機を考えると首相代行を立ててでも厚労大臣やコロナ担当大臣が協力すれば、法改正の議論はできるはずなので、是非、国会を開いてほしいと思います。

しかし先月の会見でも訴えた、与野党が協力し超党派で国難に立ち向かう政治への期待については「現状では悲観的」と吐露した。

「コロナは待ってくれない」

また尾崎氏は、秋冬にはインフルエンザと流行が重なることなどを危惧し「コロナは待ってくれない」と指摘。

東京都医師会として現行法の中でできる対策を考え、「都民のために頑張る」ことに重点を置き「国に頼ることは、もう諦めようと思います」と姿勢を示した。

投稿は13時間で300件以上シェアされ、多くの賛同コメントが集まっている。

◆「しらべて欲しい」情報や疑問をお寄せください

BLOGOSしらべる部では読者の皆さまからの情報や疑問を募集中です。普段の生活やニュースのなかでしらべて欲しいと思ったことを、記者が取材します。

以下のアドレスにご連絡ください。
dl_shiraberubu@linecorp.com

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  3. 3

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  4. 4

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  5. 5

    元TOKIO山口氏 異例の家宅捜索

    渡邉裕二

  6. 6

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  7. 7

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  9. 9

    大阪都構想の必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

  10. 10

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。