記事

チコちゃんが叱られる!? 研究者が「違う説もあるんだよ」

2/2

 いまや国民食ともいえるラーメン。その名の由来について「ラーメンのラーって何?」(2018年5月25日放送)とギモンを投げかけたチコちゃんは、「おかみさんの優しさのラー」という答えを披露。

 番組によれば、ラーメンの名付け親は北海道で竹家食堂を営んでいた大久タツ氏。大正11(1922)年、店で人気だった「肉絲麺(ロースーメン」を「支那そば」と呼ぶ客が多いことに心を痛めた大久氏が、「ハオラー(料理ができたよ)」という中国語と「ロースーメン」を組み合わせて「ラーメン」と呼んだことが発祥という。

 近代食文化研究会はこの説明にも“異論”を紹介する。

「食文化史研究家・小菅桂子さんの著書『にっぽんラーメン物語』の中に作家・長谷川伸の体験談が記載されており、明治時代の横浜中華街で、既に『らうめん』と呼ばれていたことがわかります。

 また同書では、明治43年(1910年)に浅草に創業した『来々軒』三代目の尾崎一郎さんが『うちでは最初(創業時)からラーメンといってた』と証言しています。その後、大正時代の東京で、『支那そば』の中国名として『ラーメン』という言葉が広がりました」

 この説には、番組に登場した伝承料理研究家の奥村彪生(あやお)氏が再反論する。

「横浜中華街で『らうめん』と呼ばれていたことは知っていますが、それは平仮名の『らうめん』で、『肉絲湯麺(ラーメンの一種)』を縮めたもの。カタカナ表記の『ラーメン』は大久さんが名付け親なんです」

 この回では、番組中に「ラーメンの由来には諸説あります」とテロップが流れており、チコちゃんの配慮が窺える。

「うちの考案かは疑わしい」

 近代食文化研究会の指摘は、答えそのものにとどまらない。「なんでたい焼きは鯛なの?」(2019年1月4日放送)というギモンに対し、「鯛は食べられるから」と禅問答のような答え。理由はこうだ。

 たい焼きは明治42(1909)年に大学生の神戸清次郎(浪花家総本店初代)・源次郎兄弟が考案した。今川焼を改良して亀、兎、野球のボール形の和菓子を作るなかで、唯一の人気商品となったのが、たい焼きだった。兄弟は「亀、兎、野球ボールは食べられないけど、鯛は食べられるからだ」と納得したという。

 しかし、近代食文化研究会はチコちゃんにこんなギモンをぶつけるのだ。

「これを発見したのは私ではないのですが、明治44(1911)年9月20日の読売新聞に、『今日まで5年間営んだたい焼き屋で食中毒騒ぎがあった』という内容の記事があります。つまり、明治39年には、たい焼きが存在していたのです」

 そこで浪花家総本店・四代目で現店主の神戸将守氏に聞いてみた。

「初代が考案したと伝えられているのでそう謳っていますが、当店が発祥であることについては私自身も疑っているんです(苦笑)。当時食堂でカレーライスなどを食べた後に今川焼のようなお菓子を出していたと聞いている。鯛の形のものを焼いていてもおかしくない」

 発祥が定かでないことはチコちゃんもご存じだったようで、番組中に、「たい焼きの起源に関しては諸説あります」とテロップが流れていた。

 NHKに聞くと、「番組では、さまざまな疑問について、専門家の監修のもと、取材過程も交えながら、数ある説のうちの1つとしてお答えしています」(広報局)と“オトナな回答”をしてくれた。

 番組をきっかけに別の説も話題になったわけだから、「さすがチコちゃん」と言うしかない。ボーっと生きてちゃダメだよね、チコちゃん。

※週刊ポスト2020年9月4日号

あわせて読みたい

「NHK」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  6. 6

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  7. 7

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  8. 8

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  9. 9

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  10. 10

    即席ラーメン人気が再燃した背景

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。