記事

安倍首相の「健康不安」を週刊誌にリークした人間の狙いはなにか

2/2

吐血情報をリークした人間の狙いとは

さて、本稿の主旨である、FLASHに安倍首相の吐血情報をリークした人物の意図について、私の推測を述べさせていただこう。

まずいえるのは、安倍の健康情報をリークして利を得る人間は誰かということである。いまのところポスト安倍候補に挙がっているのは、岸田文雄、菅義偉、石破茂、河野太郎というところであるが、安倍が辞任しても、漁夫の利を得る人間はいない。

いるとすれば、今一度首相に返り咲いて、第1次のときの屈辱を晴らしたいと考えている麻生だろう。私も、その可能性が高いような気はする。

だが、別の意外な可能性もあるのではないか。リークをした人間は、安倍の体調を本気で心配し、一刻でも早く慶應病院に検査入院できる「環境」作りをしたかったのではないかと、私は推測している。

「放り投げた」悪夢を払拭するためだった?

安倍首相は、弱味を見せることが何よりも嫌いなタイプらしいから、体調は悪いが、今病院へ入れば、持病悪化、第1次と同じように政権を放り投げるのかとメディアに騒がれるに違いないと、躊躇していたはずだ。

だが、安倍の容体は日に日に悪くなっていく。

何とか病院へ行かせるためには、諸刃の剣ではあるが、体調悪化情報を流して、世論を見ながら安倍に決断させるしかない。そう考えたのではないか。その思惑通り、体調不安説が永田町を駆け巡り、安倍も意を決して、無事(?)検査に行くことができたのである。

この原稿を書いている間にも、「安倍首相辞任」の速報が流れるのではないかと、5分とおかずにネットニュースを見ている。

近く必ず来る政権の終焉をどのようにするのか、病院のベッドで、自宅の寝室で、安倍首相が思いを巡らせていることは間違いあるまい。残された時間は少ない。

「政権長きが故に貴からず」、そんな言葉が浮かんだ。(文中敬称略)

----------

元木 昌彦(もとき・まさひこ)

ジャーナリスト

1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任する。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)『a href="https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198630283/presidentjp-22" target="_blank">編集者の教室』(徳間書店)『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)、近著に『野垂れ死に ある講談社・雑誌編集者の回想』(現代書館)などがある。

----------

(ジャーナリスト 元木 昌彦)

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    落選の石原伸晃氏、内閣官房参与就任の問題点。参与も国会チェックの範疇に入れるべき

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月05日 09:49

  2. 2

    NHKが映らない? 受信料拒否はNHKへの批判にはならない

    猪野 亨

    12月04日 09:55

  3. 3

    10万円のウイスキーは1万円のワインより実は割安

    内藤忍

    12月05日 11:16

  4. 4

    医療逼迫には至らない?ワクチン接種者の重症例の報告少ないオミクロン株

    中村ゆきつぐ

    12月04日 10:29

  5. 5

    韓国 感染拡大止まらず 新規感染者5300人超え 重症者・死者数の全てで過去最多を更新

    ABEMA TIMES

    12月04日 15:38

  6. 6

    ワクチン検査パッケージ オミクロン株には効果なし? 検査陰性の罠

    中村ゆきつぐ

    12月05日 09:55

  7. 7

    西野亮廣「映画、ドラマ、音楽も…日本のエンタメが韓国に負け続ける根本理由」

    PRESIDENT Online

    12月04日 12:44

  8. 8

    愛子さま ティアラ姿を初披露 報道陣の問いかけに「ありがとうございます」と笑顔

    ABEMA TIMES

    12月05日 13:20

  9. 9

    そもそもオリンピックを中国で開催して良いのか

    和田政宗

    12月04日 10:20

  10. 10

    文書通信費を巡る改革案 自民党の提案は維新方針と異なり合意ならず

    鈴木宗男

    12月04日 17:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。