記事

京都大の山中伸弥教授と共同受賞の英ケンブリッジ大のジョン・ガードン博士はとんでもない落ちこぼれだった

2012年のノーベル生理学・医学賞を京都大学教授の山中伸弥iPS細胞研究所長(50)とともに受賞した英ケンブリッジ大のジョン・ガードン博士(79)。名門私立イートン校に在学中、科学の先生から「彼が科学者になろうなんて考えは、まったくもってばかげている」と完全に見放されていた。

ガードン博士の研究室には、15歳のころ科学の先生から渡された“通信簿”が張り付けられている。それには「ガードンが科学者になる考えを持っているのは間違いない。しかし、現在の状況を見ると、それは、まったくもってばかげている」と書かれている。

「簡単な生物学の事実を学ぶ力もないのなら、科学者として仕事をするチャンスはゼロだろう。それは彼にとっても、指導する側にとっても完全な時間の無駄というものだ」とケチョンケチョンにこき下ろされていた。

ガードン博士は同学年の生徒250人中、生物の成績は最下位。

さすがにガードン博士もいったんは科学者志望をあきらめて、進学したオックスフォード大で古典を学んだ。しかし、科学者になる夢は捨て切れず、専攻を動物学に変更した。

ガードン博士はアフリカツメガエルのオタマジャクシの細胞から核を取り出し、受精していない卵子の核と入れ替えて、新たにオタマジャクシを誕生させることに成功した。

それまでの生物学の常識では、卵子から胚(はい)、そして成体になり、逆戻りはしないと考えられていたが、ガードン博士は成体の細胞ももとの状態に戻る(初期化する)ことを実験で証明した。まさに生物学の常識をくつがえしたのだった。

特殊相対性理論のアインシュタイン(1879~1955)も学校の先生に「彼はたいしたものには決してならない」と酷評されていた。

ガードン博士は実験がうまくいかないとき、科学の先生にもらった“通信簿”を見ながら、「ひょっとしたら先生は正しかったのかも」と考えて気をまぎらわせ、再び実験に取り組んだ。

ガードン博士のノーベル賞受賞は教科書、すなわち科学の常識を信じないことから始まったのかもしれない。イートン校の科学の先生についてガードン博士は「教室で教えてもらったことは全然わからなかった」と笑顔で振り返った。(了)

あわせて読みたい

「山中伸弥」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  2. 2

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  5. 5

    裏に電通? 怪しいコロナ業務委託

    青山まさゆき

  6. 6

    欧州で超過死亡 コロナ関連か

    ロイター

  7. 7

    黒川騒動で賭け麻雀モラル崩壊へ

    木曽崇

  8. 8

    役満狙った黒川氏 イカサマ失敗

    毒蝮三太夫

  9. 9

    月に30万円稼ぐパパ活女子の本音

    文春オンライン

  10. 10

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。