記事

異変?潮目が変わった? NHKが「支持率が過去最低」を強調して安倍首相をブラジル大統領と並べて報道!

1/2

[画像をブログで見る]

「歴代最長 安倍首相 連続在任期間」

「第2次安倍政権発足 2,799日」

 安倍首相の連続在任期間が歴代の首相で最長になった8月24日(月)。

 これまで安倍首相や安倍政権にとって「ネガティブな情報」をほとんど報道してこなかったNHKのニュース番組「ニュースウォッチ9」に”異変”が生じた。

 この日は安倍首相にとっては歴代最長となる歴史的な節目となるニュースだった。

 第2次安倍政権でこうした重要な節目の折にスタジオなどで解説する記者は「政治部の岩田明子記者」と相場が決まっていた。

 彼女は安倍首相が解散総選挙などの記者会見や日米首脳会談、G7サミット、中東歴訪など首相をめぐる大きなニュースの時には必ずと言っていいほど画面に登場して「安倍首相は…」と首相を主語にするような解説の仕方をする記者だ。記者として大局的な見地での政治情勢を分析して解説するよりも安倍首相べったりの解説で「記者というよりも首相を代弁するスポークスウーマン」などと揶揄されることが多かった人だ。

 ところがこの日、「ニュース7」も「ニュースウォッチ9」も岩田明子記者は登場しなかった。

 それだけなら、たまたま夏休み中で不在だったなどの理由があったのかもしれない。

 だが、異変は岩田明子記者が登場しなかったことだけではない。

 ニュースのスタジオ部分でVTR部分に入る前のコメント部分を「スタジオ・リード」と呼ぶが、このリード部分で「ネガティブな情報」が強調されていた。ほとんど毎夜ニュース番組をウォッチし続けている筆者の記憶でも2012年12月に第2次安倍政権が発足して以来初めてではないかという珍事に思えた。

 実際、この日の「ニュースウォッチ9」はどういう内容だったのか。

 いつもの番組の顔であるメインキャスターの有馬嘉男キャスターが夏休みで不在の日の放送だった。

(和久田麻由子キャスター)

「第2次内閣の発足以降、長期政権を築いてきた安倍総理大臣。その連続の在任期間は今日で2,799日。歴代最長となりました」

 その後の流れに筆者は仰天した。

(和久田麻由子キャスター)

「一方で、安倍内閣の支持率を見ますと(発足以来の支持率の推移グラフを見せて)、新型コロナウィルスの感染拡大以降、下がっていき、今月の調査で34%。調査方法が異なるため、単純に比較はできませんが、第2次内閣の発足以降、過去最低の水準になっています」

(一橋忠之キャスター)

「健康不安も囁かれる中で、新型ウイルス対策など多くの課題にどう取り組んでいくのでしょうか?」

  一橋キャスターの胸の前には「”歴代最長”も支持率最低水準に」というテロップが表示されていたのだ。

 この後にVTRが始まった。

 「支持率最低水準」という安倍政権にとってはありがたくない言葉でVTRが始まった。

 リード文の終わりに「最低水準」を強く印象づける。少し前のNHKニュースであれば考えられない扱いだった。

 なぜなら、第2次安倍政権でのNHKのニュースは異常といえるほど、政権にとってのマイナスな情報やそうした評価を出さないように気を使っていたからだ。たとえば消費増税の直後1か月の節目のニュースで、デパートなどで売上げが大きく減少していてもあえて強調せず「しかし高級品に商機」などと、ポジティブな面を恣意的に強調して報道するなど、安倍政権のネガティブな情報を極力出さないことを徹底して放送していたのがNHK「ニュースウォッチ9」だった。

 ところがこの夜の「ニュースウォッチ9」はリード文の後のVTR映像は、安倍首相が在任2.799日目の今日、慶應大学病院に向かった映像を伝えた。17日に続く2週連続の訪問だと説明した。

 VTRのナレーションにはこれまでNHKではなかったような表現があった。

(ナレーション)

健康不安が囁かれる中で大きな節目を迎えた安倍総理大臣…」

 「健康不安が囁かれる」という表現は通常、まったく根拠がない場合にはそういう表現はニュースの中ではしないものだ。

 ましてやNHKはそうした表記にはとりわけ慎重な局だ。「健康不安」はたとえひそひそ話として流れていても、政治家にとっては致命的だからだ。あえて「健康不安が囁かれる」と原稿で表現するからにはなんらかの重大な病気の疑いがある前提で慶應大学病院で検査を受けたとNHK政治部が見ていることは確かだと思われる。

 さらに驚いたのは支持率の低下のグラフをVTRの中で強調して伝えたことだ。

(ナレーション)

「連続の在任期間が歴代最長となった安倍総理大臣。しかし今、支持率は低下しています。第2次安倍政権以降の支持率の推移です。支持と不支持が逆転する危機を何度か迎えましたが、そのたびに持ち直し、政権を維持してきました

 そうした第2次安倍政権の「持ち直し」のパターンが崩れた、という分析を示したのだ。NHKの政治部がかつてないほどにかなり踏み込んだ解説だった。

(ナレーション)

「政治学者の御厨貴さんはその背景に選挙が大きく関係していると指摘します」

 通常、ニュース番組では政治学者などのインタビューはほとんど使うことがないNHKの政治ニュースで学者を登場させて、なおかつ、支持率低下の理由を語らせていた。

 登場した東京大学名誉教授の御厨貴さんの解説が的確だった。

(御厨貴・東京大学名誉教授)

「最初の頃から野党にせめられるところがあって問題が起きるが、その問題を国会の中では解決しない。最後は選挙で一挙にやるわけ。結局、選挙に勝てばもうあとはいろんな問題が起きてもそこ(選挙)で解決する方法が確立した」

(ナレーション)

「支持と不支持が逆転する危機も選挙に勝って乗り越えてきた安倍政権。ところがコロナ危機の中、またもや逆転。支持率は34%まで落ち込み、第2次安倍内閣の発足以降、最低の水準となりました」

(ナレーション)

「安倍政権が支持率を下げる一方で、世界にはコロナ危機を境に、支持率を揚げたリーダーもいます。WHOがパンデミックという認織を示す前と現在で各国のリーダーたちの支持率がどう変化したか。日本とブラジルは10ポイント以上下落。アメリカはほぼ変わらず。そしてニュージーランドとドイツは10ポイント以上、上昇していました」

 ここは報道の仕方としては非常に興味深い。

 なぜなら安倍首相の支持率低下を出す時に、ブラジルのボルソナール大統領と並んでの低い数字を示したのだ(この記事冒頭の画像)。

 ボルソナール大統領は新型コロナウイルスを「ちょっとした風邪」と言い続けて軽視し、マスクもせずに自ら感染した人物でブラジルを世界第2位の感染大国にしてしまったトンデモ大統領として知られている。

 支持率低下の数字が同じレベルとはいえ、そのブラジルの大統領と安倍首相を同じように扱ったのである。

 これまで安倍首相周辺の評価を異様なほど気にしていたNHKニュースとは明らかに一線を画す扱いだった。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  2. 2

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  3. 3

    ノーベル賞の日本人受賞者は2人?

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    茂木大臣の国連めぐる演説に苦言

    川北英隆

  5. 5

    毎日同じ服を着るイマドキ富裕層

    PRESIDENT Online

  6. 6

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  8. 8

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  9. 9

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。