記事

コロナのワクチン 過度な期待に警鐘

新型コロナウイルスによる感染症の予防ワクチンについて、政府の分科会は、21日、新型コロナ患者の治療にあたる医療従事者や高齢者、持病がある人に優先的に接種することする方針を決めました。

妊婦についても、優先接種が検討されていましたが、感染したときの重症化リスクに加え、ワクチン接種による妊婦や胎児への影響などわかっていないことが多く、議論を続けることになりました。

ワクチンは、世界各国で開発が進み、実用化への期待が高まっていて、日本政府は全国民への接種も想定して、企業の開発支援や確保に向けた交渉を急いでいます。

ただ、実現間近とされるワクチンは、実用化にこぎつけた事例がない新技術を使っていて、有効性や安全性は未知数です。専門家は、理想的なワクチンができる保証はないとして、過度な期待を戒めている、と報じられています。

世界保健機関(WHO)が公表したリストによると、ワクチンは169の開発計画が進み、そのうち30は人に投与して有効性や安全性を調べる臨床試験(治験)が始まっています。ウイルスのDNAなど遺伝情報を利用して免疫を導く「核酸ワクチン」が進展が速く、米製薬会社ファイザーやモデルナが代表例、とのこと。

日本国内では、国立感染症研究所や東京大医科学研究所、大阪大などが企業と連携して開発を進め、一部は治験を開始しているそうです。日本政府は、複数の欧米企業とのワクチン確保に向けた交渉に力を入れ、これまでに2社と供給について基本合意し、年明けからの接種開始も視野に入れている、ということです。

しかし、核酸ワクチンなどは新しい技術で、病原性をなくしたウイルスを利用した従来の不活化ワクチンとは違い、実用化の実績が、まだありません。発症や重症化を防ぐ効果や免疫の持続期間は不明で、副作用が高い頻度で報告された例もあります。

最重要の安全性を軽視した、ロシアでは治験の最終段階である第3相試験が終わっていないのに、プーチン大統領が承認し、高熱が出たケースもある、とのこと。ワクチン開発をしている東大医科研の石井教授は、開発までは少なくとも5年ほどかかると見込んで備える必要がある」とし、「急げば急ぐほど安全性の担保はおろそかになる」としています。

分科会の尾身会長も「理想的なワクチンが開発される保証はない。安全性、有効性がどこまでなら使えるか、どこまでなら使えないか、許容範囲の議論も必要になるだろう。」と述べ、効果やリスクについての細やかな情報発信が重要だ、としています。ワクチンを心待ちにするのは当然の気持ちだと思いますが、あくまで安全性が一定程度担保されるまで、ウィズコロナで、気を付けながら生活するしかないと思います。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「愛子天皇」誕生の機運が高まる

    文春オンライン

  2. 2

    ディズニーが中国依存強め大誤算

    PRESIDENT Online

  3. 3

    紗倉まな 性産業廃止は「暴論」

    ABEMA TIMES

  4. 4

    安倍疑惑追及に弁護士視点で苦言

    青山まさゆき

  5. 5

    コロナで無視できなくなったMMT

    自由人

  6. 6

    なぜヤフコメ欄は無くせないのか

    諌山裕

  7. 7

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

  8. 8

    NTTがドコモTOBを発表 1株3900円

    ロイター

  9. 9

    古館氏&橋下氏が憲法9条巡り激論

    ABEMA TIMES

  10. 10

    不便なマイナンバーの改善を急げ

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。