記事

【アメリカ発】貧困層の肥満問題を政治利用してはならない

「社会問題」と「自己責任」のどちらを重く見るべきか(AFP=時事)

 世界では、今も飢餓に苦しく子供たちは多い。一方で、先進国では「貧国と肥満」が社会問題になるケースが多い。安くて栄養価の高いファーストフードや清涼飲料水が食生活の中心になることが、ままあるからだ。科学的なアプローチで注目されるライターP.F. Whalen氏は、アメリカではそこに右派と左派の路線対立が輪をかけていると警告する。

   ガーディアン紙の最近の記事で、筆者のLarry Elliot氏は、英国の低所得世帯で肥満が増えていることを指摘し、「問題はアメリカと同じです。より良い食事ができるようになれば肥満は減るでしょう」と述べている。彼は、低所得世帯は健康的な食べ物を買う余裕がないと主張する。この考えは、特に子供に関してあちこちで取り沙汰されており、アメリカではしばしば左派が社会問題として取り上げている。

 2008年の研究で、マサチューセッツ州の小児肥満が深刻であり、同州の全小児の30%が肥満であることが示されてから、小児肥満は特に注目を集めた。低所得世帯ではその割合が33.5%と高かった。ミシガン大学と国立衛生研究所によるその後の研究では、肥満は民族や人種よりも所得水準と相関関係があることが示された。同研究は、不十分な運動とファーストフードの摂取が大きな原因であると結論づけた。研究を主導したKim Eagle博士は次のように説明している。

《最終的には、この健康危機と戦うためには、ボトムアップ型の地域社会、学校、社会教育、そして問題解決のためのトップダウン型の立法措置が必要である。》

 この問題の解決にトップダウン型の措置が必要と考えるかどうかには、左派と右派で根本的な違いがある。個人的責任の役割について信条が異なるからである。親と政府のどちらに、子供たちに健康な生活を送らせる責任があるかという問題だ。左派はこう考える。政府はこの問題を解決しなければならない。子供たちがマクドナルドで食べ過ぎているので、政府が介入する必要がある。健康的な食品を買うには不便な地域に住む家庭も多く、政府は対策を講じなければならない。遊び場や運動場が近くにないのなら、それも政府の責任だ。

 一方、右派の人たちは、公共交通機関、道路や歩道、遊び場などのインフラは政府が提供すべきではあるが、最終的な責任は親にあると考える。親は、どこに住むか、子供に何を食べさせるか、子供にどれだけ運動させるかを決める立場にある。もちろん政府が教育に関与すべきだという点では左右の意見は一致している。

 問題解決のために大事なのは、左右の路線対立ではなく一般的なアメリカ人の生活水準を考えることだろう。政府が定める基準で貧困層とされている家庭の平均的な居住空間は、ヨーロッパの(貧困層ではない)一般家庭のそれより広い。そうした家庭には、クルマ、エアコン、2台のカラーテレビとケーブルテレビがあり、ぽっちゃりした子供がソファに座って両方を楽しんでいるケースは多い。それを貧困と呼ぶなら、アメリカはすでに貧困問題にとてもうまく対処していると言える。

 左派の人たちは、貧しい人がいるのに億万長者がぜいたくしているのは許せないと考えているが、それは極端すぎる発想だ。彼らはもっと税金を使いたいだけのように見える。

 必要なのは改革ではなく政策の調整だ。この国にはまだ飢餓があることを疑う人はいない。それは放置できない問題だ。特に子供に関しては喫緊の課題である。貧困者に食料を配給するフードスタンプのようなプログラムは、われわれの社会で一定の役割を果たしている。ただしそれは、制御され、制限されなければならない。誰にでも食料を配れば良いというものではない。民間による慈善活動は非常に有意義であり、左派であろうと右派であろうと、そうした活動は支援すべきだ。ただしそれは、貧しい人たち自身の自助努力を前提にすべきだ。貧しい人たちへの真のサポートとは、彼らに生活を改善する機会を与えることであって、税金でチーズバーガーを食べさせたり、トレッドミルを買ったりすることではないのである。

(この記事は「American Thinker」の許諾のもと同サイトの記事を翻訳・要約したものです)

American Thinker :月間ユニークユーザー300万人を誇るアメリカの保守系ニュースサイト。各界の専門家やジャーナリスト・作家の寄稿を中心とし、エリート層の読者が多いことで知られる。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    河野氏 行政の押印手続き1万種超

    河野太郎

  3. 3

    安倍疑惑追及に弁護士視点で苦言

    青山まさゆき

  4. 4

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

  5. 5

    ディズニーが中国依存強め大誤算

    PRESIDENT Online

  6. 6

    不便なマイナンバーの改善を急げ

    WEDGE Infinity

  7. 7

    キングオブコント芸人は喋りすぎ

    メディアゴン

  8. 8

    コロナで行列増 中高年「勘弁」

    中村伊知哉

  9. 9

    政府の代弁者が重宝されるTV業界

    NEWSポストセブン

  10. 10

    「愛子天皇」誕生の機運が高まる

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。