記事

公は誰のものか?

京都大学の山中伸弥教授がノーベル生理学・医学賞を受賞することが決まりました。


山中教授は記者会見やインタビューで非常に印象に残ることをおっしゃていました。



日本という国に支えていただいて、日の丸の教えがなければ、この素晴らしい受賞はなかったと心の底から思った。まさに日本という国が受賞した賞だと感じている


国や友人、家族らの支援あってこその受賞だったことを強調し、

感想を一言で表現すると感謝という言葉しかない」とも。


技術というのは、進歩そのものに素晴らしい価値があることは間違いないと思いますが、

それをどう使うかということが、人類の叡智なのではないかと感じます。

このような方であれば、その技術を社会のために本当に役立てる研究を進めてくださるのではないかと感じます。


山中教授がおっしゃったことで、僕が最も印象に残ったのは次の一節です。


「特許には、二つの意味があると思います。一般には、民間企業などが特許を取得して独占するという意味。一方、我々京大グループでは逆に技術を独占させないようにするために特許を取得している。最先端の技術を安価で様々な人が活用して発展できるようにする。民間グループが独占して、高い対価を支払わないと利用できない状態にするのを防ぐために、積極的に特許を取得している。」


これは、目から鱗が落ちる思いでした。


国を思う気持ち、社会を思う気持ち、人の生の生活を思う気持ち。

これは、例えば僕ら官僚だけが持っているものではありませんし、独占すべきものでもありません。


僕の仲間の同世代の社会起業家、運動家、山中教授のような研究者、

いや、もっと言えば、そういう特殊な能力を持つ人達だけでなく、

犬の散歩をしていてすれ違うやさしい近所の方とか、PTAで活躍するお母さんとか、

身近なところで、小さな社会を思う方はたくさんいらっしゃると思います。

もちろん民間企業の中で、真剣に社会貢献を考えておられる方にもよく出会います。

こういう思いの方が、色んなところにいることが日本の希望なんだなと、改めて感じました。

あわせて読みたい

「山中伸弥」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  3. 3

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  4. 4

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  6. 6

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    感染拡大の深刻さを認めぬ菅首相

    おくの総一郎

  9. 9

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

  10. 10

    14歳以下のコロナ感染が増える仏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。