記事

「やっている感」がうまい安倍政権と小池都政 コロナ対策における東京と地方の差は何なのか 『仮面 虚飾の女帝・小池百合子』より #2 - 横田 一

1/2

コロナ蔓延は都民の努力不足? 小池都知事が貫いた「選挙ファースト」の姿勢 から続く

 7月30日、『Go Toトラベルキャンペーン』が始まった。新型コロナウイルスの感染拡大により打撃を受けた地方経済の立て直しをかけた、政府の肝いりの景気回復策だ。しかしこのキャンペーンの実施をめぐり、小池百合子東京都知事が安倍政権に異議を唱えたことは記憶に新しい。

 しかしこれは小池都知事の「責任回避策だった」と、フリージャーナリストの横田一氏は自著『仮面 虚飾の女帝・小池百合子』(扶桑社)で語る。同書から本文を引用する。

『Go Toキャンペーン』後のコロナは『人災』?

 吉村美栄子・山形県知事も会見で「首都圏の感染状況と豪雨災害を考えると、この時期に全国一斉にスタートするのはいかがなものか」と疑問を呈示。宮下宗一郎・青森県むつ市長は13日に「人が動かなければ、ウイルスは動かない。ところが、『Go Toキャンペーン』は人を動かす。今まで我慢してきたことが水泡に帰す。今までは『天災』と言っていられたが、そうなればもう『人災』になる」と釘を刺した。

 これに野党も同調。立憲民主党の枝野幸男代表は14日に「政府はアクセルとブレーキを同時に踏んでいるような対応と言わざるをえない」と述べると、同日の野党合同ヒアリングで国民民主党の原口一博・国対委員長が「『Go To感染拡大』になる。踏みとどまるべきだ」と批判した。

©扶桑社

 小池はこれらの流れを、自らの責任回避に利用したともいえる。「Go Toキャンペーン」批判の口火をいち早く切ることで、安倍政権に異論を唱えた自治体トップや野党陣営の先頭に立つことに成功した。と同時に「選挙(自分)ファースト」の小池都政の怠慢が招いた「東京問題」から世間の関心をそらすことにも成功したのだ。

中途半端な方針転換

 全国各地から批判が噴出しても、安倍首相は14日に官邸で「現下の感染状況、高い緊張感を持って注視をしている」と記者団に述べるだけだった。東京の感染者数が過去最高を記録してもなお、すぐにはキャンペーン開始の延期を決定しなかった。コロナ禍での安倍政権の“看板政策”を変えたくなかったのだろう。安倍の行動もまた、小池と同じく「選挙(自分)ファースト」の産物のようにも見える。7月16日になって、安倍政権はこのキャンペーンから東京発着を除外。東京都への旅行と都民の利用を対象外にした。これについて、昭和大学の二木芳人客員教授(感染症学)は7月17日の『東京新聞』紙上でこう批判した。

「極めて中途半端。22日から始めるのなら、東京と一体の生活圏で感染者が急増している埼玉・千葉・神奈川各県なども最低限、対象外にすべきだ」

『Go Toキャンペーン』は安部政権の弱点?

 また同日の『読売新聞』も「成田空港や新横浜駅から在来線などで東京に入る可能性もある。抜け穴はある」という観光庁幹部の懸念を紹介した。東京が除外されたとしても、多くの人は首都圏から東京に通勤している。首都圏から全国各地に感染拡大をするリスクは依然として残っているのだ。それでも政府がこのキャンペーンに固執するのは、次期総選挙の対策という面もあるだろう。小池はこのことを見抜き、批判の口火を切ったのではないか。小池も安倍も「選挙(自分)ファースト」の似た者同士であるからこそ、相手の心理をすぐに読み解いて、その“弱点”に攻撃を仕掛けたのかもしれない。

 東京都が過去最高の感染者数を更新する中で、「Go Toキャンペーン」の実施を強行することは、首都を“感染震源地”とするコロナウイルス第二波を全国に広げることになるリスクが極めて高い。

「やっている感」の演出が巧みな小池・安倍

 都知事選中の対策の甘さから感染拡大を招いた小池都政が「諸悪の根源」(7月9日の井戸敏三・兵庫県知事の発言。すぐに取り消し)であるのは間違いない。そんな事態を目の当たりにしてもなお、感染者の多い首都圏から人を移動させようとする安倍政権もまた責任重大だ。

 小池と安倍の共通点は数多い。「やっている感」の演出でも、両者は才能を発揮している。安倍政権が新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案の成立にこだわった時も同様だった。民主党政権時代に成立していた新型インフルエンザ等対策特別措置法を「すぐに使えばいい」という法改正不要論が出ていた。例えば、「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日)は3月5日の放送で「総理が法律改正にこだわる理由は、コロナ対策で『後手後手』という批判を払しょくするため、総理主導で進んでいるとアピールしたいから」というコメントを紹介していた。国民民主党の玉木雄一郎代表も記者会見で、このコメントと同じ見方を口にした。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の世代間格差 怒る若者たち

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    ひろゆき氏 デジタル庁巡り提案

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  4. 4

    菅外交は未知数 韓国とどう交渉

    舛添要一

  5. 5

    ワークマン コロナ打撃に強い訳

    南充浩

  6. 6

    各紙の新閣僚めぐる紹介文が茶番

    常見陽平

  7. 7

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    GoTo Eatは業者が儲かるカラクリ

    田中龍作

  9. 9

    汚染語らぬ平沢復興相に福島落胆

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  10. 10

    アイヌ民族への謝罪せぬ日本政府

    畠山和也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。