記事
  • ロイター

ベラルーシ当局、反政権派2人逮捕 ノーベル文学賞作家を事情聴取


[ミンスク/モスクワ 24日 ロイター] - 大規模な反政権デモが続いている旧ソ連のベラルーシで、当局は24日、反政権派が政権移行に向け設立した「調整評議会」の主要メンバー2人を逮捕するとともに、調整評議会のメンバーであるノーベル文学賞作家、スベトラーナ・アレクシエービッチ氏を事情聴取した。

ベラルーシ政府は、同評議会の設立は権力掌握に向けた違法な試みとし、刑事捜査に着手。調整評議会の広報担当者よると、アレクシエービッチ氏は調整評議会による刑事事件に関連して事情聴取に呼ばれた。

こうした中、ロシアのプーチン大統領はベラルーシのルカシェンコ大統領と電話会談を行い、ベラルーシ情勢などについて協議した。

大規模な反政権デモが続く中、複数の銀行筋はロイターに対し、国内でベラルーシルーブルを売る動きが加速し、多くの銀行で外貨が枯渇していると指摘。両替所ではほぼ常に行列が見られている。

ベラルーシ中央銀行の理事会メンバー、ドミートリー・ムーリン氏はロイターに対し、いかなる外貨不足も「テクニカル」なもので、銀行の外貨流動性問題は発生していないと指摘。ただバンク・オブ・アメリカ・グローバル・リサーチのEMEAクロスアセット戦略部門責任者、デビッド・ハウナー氏は「外貨が著しく不足しているのは明らかだ。ベラルーシには、こうした混乱が長期化する事態に対する備えはあまりなかった」と述べた。

この日の外国為替市場でベラルーシルーブルは対ドルと対ユーロ<EURBYN=><BYN=>で約1%下落。対ユーロでは過去最安値を更新した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    宗男氏 野党の新内閣批判に反論

    鈴木宗男

  2. 2

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  4. 4

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  5. 5

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  6. 6

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    長官は民間に…平井IT大臣が吐露

    ABEMA TIMES

  8. 8

    サイゼでバイトする星付きシェフ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    三原氏が厚労副大臣 衝撃の人事

    藤田孝典

  10. 10

    菅首相は本当に叩き上げ苦労人か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。