記事
  • ロイター
  • 2020年08月24日 16:35 (配信日時 08月24日 19:22)

武田薬、大衆薬事業をブラックストーンに売却 医療用薬品に注力


[東京 24日 ロイター] - 武田薬品工業<4502.T>は24日、ビタミン剤「アリナミン」などを手掛ける大衆薬子会社の武田コンシューマーヘルスケアを米投資ファンドのブラックストーンに売却すると発表した。売却額は同子会社の企業価値2420億円に、純有利子負債などを調整して確定する。同社は、医療用医薬品での新薬の研究開発に注力する。

武田のクリストフ・ウェバー社長は会見で「武田は医療用医薬品にフォーカスしており、コンシューマー事業には十分なレベルの投資が難しい。成長のためにベストな結論」と売却の理由を説明した。同社は、消化器系疾患、希少疾患、血漿分画製剤、オンコロジー(がん)、ニューロサイエンス(神経精神疾患)の5つの領域を主要領域と位置付けている。

武田は2019年1月にアイルランドの製薬大手シャイアーの買収を完了。ウェバー社長は「今回の売却とシャイアー買収は全く関係ない」とするものの、今回の売却によって、シャイアー買収時に打ち出した100億ドル規模の非中核事業売却の方針が達成されることになる。負債を圧縮し、医療用医薬品の新薬開発に経営資源を振り向ける。

武田薬は約1400億円の株式売却益を見込む。当期利益は1050億円上積みされる見通し。株式譲渡実行日は21年3月31日。

新しい社名はこれから決まるが、社名から「武田」は外れることになる。

ブラックストーンのプライベート・エクイティー部門日本代表を務める坂本篤彦氏は「我々のヘルスケア・コンシューマーセクターにおける国内外のネットワークや知見を最大限活用し、積極的なアジア展開を進めるなど、武田コンシューマーヘルスケア社のさらなる成長に貢献することができると確信している」とのコメントを発表した。

*内容を追加しました。

(清水律子 編集:山川薫)

あわせて読みたい

「武田薬品」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  6. 6

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  7. 7

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  8. 8

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  9. 9

    SDG's がもたらす物価高 先進国でもエネルギー価格が高騰するリスク

    ヒロ

    09月28日 10:28

  10. 10

    またしても繰り返される新型コロナにまつわる様々な怪現象。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月28日 10:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。