記事
  • ロイター

中国・四川で昆虫細胞培養のコロナワクチン治験が承認 国内初


[北京 22日 ロイター] - 中国四川省の省都、成都市当局は22日、対話アプリ「微信(ウィーチャット)」上で、新型コロナウイルスのワクチン候補として中国で初めて、昆虫の細胞内で培養したワクチンの臨床試験について、国家食品薬品監督管理局から承認を得たと発表した。

ワクチン候補は同省四川大学華西病院が開発。タンパク質発現に昆虫細胞を使うことで、量産が加速できるとしている。サルでの実験では、明らかな副作用なしに感染を防ぐことが示されたという。

中国は費用対効果の良い新型コロナワクチンの開発で各国と競争している。中国の科学者は既に、他に少なくとも8種類のワクチン候補で臨床試験段階に入っている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    文在寅氏辞任で日韓関係は改善か

    PRESIDENT Online

  2. 2

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  3. 3

    独に慰安婦像「決して許されぬ」

    城内実

  4. 4

    コロナにビビリすぎ GoTo楽しめ

    毒蝮三太夫

  5. 5

    古舘氏が語る報ステ時代の反省点

    ABEMA TIMES

  6. 6

    政権を取る気がなさそうな枝野氏

    鈴木しんじ

  7. 7

    韓国20代男性の6割「女性憎い」

    PRESIDENT Online

  8. 8

    YouTuberが伊勢谷に突撃し連行

    女性自身

  9. 9

    髪型変えた枝野氏 蓮舫氏の助言

    女性自身

  10. 10

    在宅の社員をオフィスに戻す方法

    鎌田 傳

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。