記事
  • ロイター

前場の日経平均は続伸、一時2万3000円回復 「閑散に売り無し」


[東京 24日 ロイター] - 24日午前の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比76円67銭高の2万2996円97銭となり、続伸した。小反落でスタートしたが売りの勢いは強まらず、その後プラス転換。一時2万3000円台も回復した。新興株市場などの中小型株に対する物色意欲が見られる中、総じて底堅い動きとなっている。

前場の東証1部の売買代金は7833億円と薄商い。市場では「『閑散に売りなし』の状況。政府の分科会で新型コロナウイルスの流行がピークに達したとの見方が出ていたことも一つの安心材料となっているのではないか」(三木証券の投資情報課長、北澤淳氏)との指摘があった。

TOPIXは0.22%高で午前の取引を終了。東証33業種では、その他製品、機械、金属製品、小売など16業種が値上がり。ゴム製品、海運、空運、非鉄金属など17業種が値下がりした。

個別では、ファーストリテイリング<9983.T>、ダイキン工業<6367.T>などが堅調。任天堂<7974.T>は大幅続伸し2008年7月以来12年1カ月ぶり高値を付けた。衣類、空調、ゲームなど、新型コロナとの共存が視野に置かれた銘柄が買われている。

東証1部の騰落数は、値上がりが908銘柄に対し、値下がりが1149銘柄、変わらずが115銘柄だった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  2. 2

    独に慰安婦像「決して許されぬ」

    城内実

  3. 3

    理不尽で苦しむ社会 半沢に共感

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  4. 4

    髪型変えた枝野氏 蓮舫氏の助言

    女性自身

  5. 5

    文在寅氏辞任で日韓関係は改善か

    PRESIDENT Online

  6. 6

    古舘氏が語る報ステ時代の反省点

    ABEMA TIMES

  7. 7

    YouTuberが伊勢谷に突撃し連行

    女性自身

  8. 8

    政権を取る気がなさそうな枝野氏

    鈴木しんじ

  9. 9

    松田聖子 過去曲歌唱めぐり持論

    SmartFLASH

  10. 10

    コロナにビビリすぎ GoTo楽しめ

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。