記事

山中伸弥教授、2012年ノーベル医学生理学賞受賞!

ついに、山中伸弥京都大学教授がノーベル生理学・医学賞を受賞されました。イギリスケンブリッジ大学のジョン・ガードン博士との共同受賞で、受賞内容は、「成熟細胞が初期化し多能性をもつことの発見」です。いや、ほんとうに嬉しいことです。近い将来、必ずもらえるとは思っていましたが、思ったよりも早い受賞は、この業績の重要性を物語っているのだと思います。

 

今回の受賞内容を簡単に説明するとこんな感じです。

 

動物の細胞は、受精卵から分裂を重ねて成長するうちに、様々な臓器(例えば、脳、心臓、腸など)の細胞へと変化(分化)していきます。ガードン博士と山中教授は、ある操作をすれば、これら分化した細胞を、変化する前の状態にリセットできる(これを初期化またはリプログラミングといいます)、そして、リセットした細胞は、再び異なる細胞に分化させることができる(これを多能性を持つといいます)ことを実験で示しました。iPS細胞は、まさにこのような性質を持つ細胞です(ガードン博士は、カエルの細胞の核移植で、同様の結果を示しました)。これらの結果が出るまでは、このような細胞の初期化ができるとは考えられていませんでした。山中教授とガードン博士の結果は、生物学における常識を覆したということになります。ノーベル賞の受賞理由としては、文句のつけようがありません。

 

今回の受賞は、iPS細胞自体に対する評価(医療用途につながる素晴らしいものを創りだした)という功績というよりは、「iPS細胞という概念を考え付き、それを実際に作り出すことで生物学を劇的に変化させた」ところが評価されたのだと思います。iPS細胞といえば、再生医療や創薬への応用など、医療分野に大きな貢献をする可能性が指摘されています。しかし、iPS細胞の医療への応用には、まだまだ検討しなくてはいけないことが多く、未だ臨床応用のための研究過程です。つまり、「iPS細胞の研究」自体は、まだまだ未成熟な分野です。これからも地道な研究によって、iPS細胞のもつ可能性については、一歩一歩突き詰めていかなくてはいけません。そういう意味では、今回の受賞はiPS細胞開発における一里塚に過ぎないのかもしれません。

 

もし、iPS細胞が実際の患者さんに使用されて、それまで治療法がなかった様々な病気が治療できるようになった時には、また別の形で、山中先生の貢献は評価されるべきだと思います(それは、基礎科学をベースとするノーベル賞とは異なる形になるでしょうが)。それには、まだまだ長い時間がかかると思われますが、その時を楽しみにしたいと思っています。


iPS細胞の利用についての過去記事はこちら。

リンク先を見るiPS細胞は実用化されている、という話。薬作り職人のブログリンク先を見る

あわせて読みたい

「山中伸弥」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    トヨタ超え テスラCEOの不気味さ

    片山 修

  3. 3

    児童レイプめぐる米国のダブスタ

    Rolling Stone Japan

  4. 4

    新型コロナで勝ち組になった企業

    ヒロ

  5. 5

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  6. 6

    減税よりGoTo政策「利権の典型」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    次期首相の資質に「もらい泣き」

    NEWSポストセブン

  8. 8

    「東京差別」で社会構造変わるか

    にしゃんた

  9. 9

    司法が医療破壊 逆転有罪に苦言

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。