記事

山中伸弥教授、2012年ノーベル医学生理学賞受賞!

ついに、山中伸弥京都大学教授がノーベル生理学・医学賞を受賞されました。イギリスケンブリッジ大学のジョン・ガードン博士との共同受賞で、受賞内容は、「成熟細胞が初期化し多能性をもつことの発見」です。いや、ほんとうに嬉しいことです。近い将来、必ずもらえるとは思っていましたが、思ったよりも早い受賞は、この業績の重要性を物語っているのだと思います。

 

今回の受賞内容を簡単に説明するとこんな感じです。

 

動物の細胞は、受精卵から分裂を重ねて成長するうちに、様々な臓器(例えば、脳、心臓、腸など)の細胞へと変化(分化)していきます。ガードン博士と山中教授は、ある操作をすれば、これら分化した細胞を、変化する前の状態にリセットできる(これを初期化またはリプログラミングといいます)、そして、リセットした細胞は、再び異なる細胞に分化させることができる(これを多能性を持つといいます)ことを実験で示しました。iPS細胞は、まさにこのような性質を持つ細胞です(ガードン博士は、カエルの細胞の核移植で、同様の結果を示しました)。これらの結果が出るまでは、このような細胞の初期化ができるとは考えられていませんでした。山中教授とガードン博士の結果は、生物学における常識を覆したということになります。ノーベル賞の受賞理由としては、文句のつけようがありません。

 

今回の受賞は、iPS細胞自体に対する評価(医療用途につながる素晴らしいものを創りだした)という功績というよりは、「iPS細胞という概念を考え付き、それを実際に作り出すことで生物学を劇的に変化させた」ところが評価されたのだと思います。iPS細胞といえば、再生医療や創薬への応用など、医療分野に大きな貢献をする可能性が指摘されています。しかし、iPS細胞の医療への応用には、まだまだ検討しなくてはいけないことが多く、未だ臨床応用のための研究過程です。つまり、「iPS細胞の研究」自体は、まだまだ未成熟な分野です。これからも地道な研究によって、iPS細胞のもつ可能性については、一歩一歩突き詰めていかなくてはいけません。そういう意味では、今回の受賞はiPS細胞開発における一里塚に過ぎないのかもしれません。

 

もし、iPS細胞が実際の患者さんに使用されて、それまで治療法がなかった様々な病気が治療できるようになった時には、また別の形で、山中先生の貢献は評価されるべきだと思います(それは、基礎科学をベースとするノーベル賞とは異なる形になるでしょうが)。それには、まだまだ長い時間がかかると思われますが、その時を楽しみにしたいと思っています。


iPS細胞の利用についての過去記事はこちら。

リンク先を見るiPS細胞は実用化されている、という話。薬作り職人のブログリンク先を見る

あわせて読みたい

「山中伸弥」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  5. 5

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  6. 6

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  7. 7

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  8. 8

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  9. 9

    「日本にロックダウンという手法はなじまないと思う」 法整備の必要性を問われ菅総理

    ABEMA TIMES

    07月30日 21:20

  10. 10

    東京都の銭湯料金が8月1日から値上げ ブームから一転、コロナ禍で利用客減少

    BLOGOS しらべる部

    07月30日 17:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。