記事

24時間テレビ、継続する“凄み”

1/2

利益を出し続けなければいけない民間企業が、同じチャリティー番組を、43年間、続けてることの“凄み“は、自営業や経営者、NPOのマネジメント経験者にはよく分かると思う。「不景気で本業の利益が少ないから、今年はやめる」とは言えない。公的セクターの助成なしに、事業として回し続ける責任がある。多くの企業の社会貢献は本業が傾くと、宣伝費と同じく真っ先に切られて終わってしまう。

このあたりの継続させるための“仕組み”を誰もが分かるように説明しようとするのは難しい。私も100%の自信はない。民間企業と非営利組織との違い、常勤スタッフ、有償ボランティア、無償ボランティアの存在と役割りの違い、チャリティー活動とチャリティー番組の違い、日本と欧米のエンタメ業界の仕組みの違い、業務委託と下請法との関係など、あらゆる制度上の「歪み」が複雑に関連してくる。

有名タレントだけを簡単に“ノーギャラ”で出演させるわけにもいかなかったりする。「二階から目薬を注す」ようなアクロバティックな座組でしか、この事業は現実問題としては成り立たない。メディアとして一番の責任は、あらゆる批判を一身に受けつつ、言い訳せずに結果(視聴率と募金額)を出し、番組として進化させながら事業として続けていくことしかないと改めて思った。

オンライン上の多くのコメントを見る限り、この事業が継続している“仕組み”を理解してもらうことはあまりに難し過ぎると感じた。

各ドキュメンタリーはきっちり丁寧に作られていた。生まれながらの障碍を持ったり、不慮の事故などによる困難を克服したりした人のドキュメントを視ると、私は普通に応援したくなるし、感動する。それを「感動ポルノ」だと思う人がいるのは自由だが、私はそうは思わないな。寝たきり老人や障碍者がゴールデンタイムには出演しない(できない)そういう時代が、この番組の前には長く続いた。

マラソンもずいぶん工夫と苦労したのが分かる。安全が第一だ。だが、途中だけ視た人には「チャリティーラン」のルールが分かりにくかったかもしれない。「チャリティー」という言葉を日本に普及させ定着させたのと同じく、局としての新たなチャレンジだと思う。マラソンがないと番組が時間軸で縦に繋がらなくなる。続けて欲しい。

ドラマも色々と意見があったが、私は贔屓目に見るわけではなく良かったと思う。あまり知られていない志村さんの一面だった。小学生の頃からドリフを見続けてきた。タレントさんという商売は「忘れられること」が何より一番辛い商売だ。忘れないようにしたい。

あわせて読みたい

「24時間テレビ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  2. 2

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  3. 3

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  4. 4

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  5. 5

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  6. 6

    小池百合子知事、静養へ。1,400万都民の命を預かる重責に心からの敬意を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月23日 08:23

  7. 7

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  8. 8

    パソコン作業は腰への負担が1.85倍。腰痛対策には“後ろ7割”の姿勢を - 酒井慎太郎

    幻冬舎plus

    06月23日 08:40

  9. 9

    赤木ファイルの開示・・財務省は徹底的な再調査を行うべき

    大串博志

    06月23日 09:13

  10. 10

    小中学生の観戦は止めるべし。満身創痍、痛々しいオリンピックになることは必至

    早川忠孝

    06月22日 17:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。