記事
  • ロイター
  • 2020年08月24日 09:40 (配信日時 08月24日 09:38)

NY市、新型コロナ封じ込め先行 気温低下でリスクも=専門家


[ニューヨーク 21日 ロイター] - 一時は新型コロナウイルス感染拡大の中心地とされていたニューヨーク市は封じ込め策を成功裏に実施したものの、秋になって気温が下がれば再拡大のリスクに直面する可能性がある、との認識を同市に拠点を置く複数の公衆衛生専門家が示している。

ロイターの取材によると、同市の対策が効果を上げてきたのは、地域および連邦政府が示した感染予防ガイドラインの順守率が高かったこと、3─4月の感染拡大が深刻だったために一般市民に実質的な免疫力がついたことなどが要因という。

同市のデータでは、1日あたり新規感染者数の7日間平均値は、ピークだった4月上旬の5000人超から200人以下に減少。 新型コロナ検査の陽性率も3月下旬の70%前後から1%未満に低下したほか、死者数も5月の1日あたり500人超から1桁台前半に減少している。

市内最大の医療機関ネットワークを運営するノースウェルヘルスの幹部、マーク・ジャレット氏は、州政府や医療機関、メディアが一致して厳格なロックダウン(都市封鎖)を順守したことが奏功したと指摘。マスク着用やロックダウンに対する抵抗が大きかった他地域とは一線を画した、とした。

また感染率が急激に低下した要因として、ニューヨーク市立大学医学部のマリア・リマ副学部長は、当初の感染拡大時に市民の25─50%がある程度の免疫を得たためとの認識を示した。

ただ、フォーダム大学の疫学専門家トロイ・タシエ教授は、学校が再開され、気温が低下して多くの人々が屋内に閉じこもる季節を控え、感染者数が増加するリスクは残ると指摘している。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  4. 4

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  5. 5

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  6. 6

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  7. 7

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  8. 8

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  9. 9

    中間層や無党派層の動きが読めない横浜市長選 日本の政治状況が急展開か

    早川忠孝

    07月24日 18:23

  10. 10

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。