記事
  • ロイター
  • 2020年08月24日 09:40 (配信日時 08月24日 09:38)

NY市、新型コロナ封じ込め先行 気温低下でリスクも=専門家


[ニューヨーク 21日 ロイター] - 一時は新型コロナウイルス感染拡大の中心地とされていたニューヨーク市は封じ込め策を成功裏に実施したものの、秋になって気温が下がれば再拡大のリスクに直面する可能性がある、との認識を同市に拠点を置く複数の公衆衛生専門家が示している。

ロイターの取材によると、同市の対策が効果を上げてきたのは、地域および連邦政府が示した感染予防ガイドラインの順守率が高かったこと、3─4月の感染拡大が深刻だったために一般市民に実質的な免疫力がついたことなどが要因という。

同市のデータでは、1日あたり新規感染者数の7日間平均値は、ピークだった4月上旬の5000人超から200人以下に減少。 新型コロナ検査の陽性率も3月下旬の70%前後から1%未満に低下したほか、死者数も5月の1日あたり500人超から1桁台前半に減少している。

市内最大の医療機関ネットワークを運営するノースウェルヘルスの幹部、マーク・ジャレット氏は、州政府や医療機関、メディアが一致して厳格なロックダウン(都市封鎖)を順守したことが奏功したと指摘。マスク着用やロックダウンに対する抵抗が大きかった他地域とは一線を画した、とした。

また感染率が急激に低下した要因として、ニューヨーク市立大学医学部のマリア・リマ副学部長は、当初の感染拡大時に市民の25─50%がある程度の免疫を得たためとの認識を示した。

ただ、フォーダム大学の疫学専門家トロイ・タシエ教授は、学校が再開され、気温が低下して多くの人々が屋内に閉じこもる季節を控え、感染者数が増加するリスクは残ると指摘している。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  2. 2

    女性天皇と女系天皇をひとくくり 毎日の恣意的な記事に騙されるな

    和田政宗

    06月16日 21:28

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  5. 5

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  6. 6

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  7. 7

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

  8. 8

    枝野代表の経済演説で感じた違和感

    小倉将信

    06月16日 19:37

  9. 9

    「スポーツ界の取り組みも理解して」の誤魔化し

    諌山裕

    06月16日 14:24

  10. 10

    「空港は一般客とは別の専用口を用意しろ」VIP待遇を求めるIOCに怒り

    マガジン9

    06月16日 15:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。