記事

メンタルの弱い人ほど「ストレスの原因探し」に悩むという皮肉

1/2

ストレスに強い人と弱い人は何が違うのか。これまで1万人を診察してきた産業医の武神健之氏は「ストレスに悩む人ほど、原因探しをしてしまう。それではストレスは減らない」という――。

※本稿は、武神健之『外資系エリート1万人をみてきた産業医が教える メンタルが強い人の習慣』(PHP研究所)の一部を再編集したものです。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/shironosov

ストレスに悩む人ほど「原因探し」をする

こんにちは。1万人以上の働く人との面談をしてきました産業医の武神です。産業医面談は色々な相談がありますが、ストレスに関する面談は、やはり多いです。

でも、そもそもストレスとは何でしょうか。

厚生労働省の安全衛生調査(平成28年度)によると、働く人の59.5%が、仕事に対して「強いストレス」や「不安」「悩み」を感じていることがわかります。この資料ではストレスを、

1. 「ストレス要因=ストレスの原因」

2. 「ストレス耐性=どれくらいストレスに耐えられるか」

3. 「ストレス反応=実際のストレス症状」

という3つの言葉を使って定義しています。この説明はとても丁寧ですし、一般的にもわかりやすいものです。

ただ、実際に職場でのストレスを考えたときに、この説明を元にすると、「ストレス要因」という言葉から即座に「あの部長が!」「会社がストレス!」などと原因を探す方向に心が動いてしまったり、過去に注意が向いてしまいがちです。実は、これがストレスに悩む人の1つの典型例でもあるのです。

対処が上手い人は「シンプルに考える」

私は産業医として多くの方と接しているなかで、ストレスに上手に対処している人たちは、ストレスに対して「原因探し」をしたり、対象を憎んだりするのではなく、もっとシンプルに考えて対処していることに気づきました。なかには、そもそもストレスをストレスと捉えずに、無意識のうちに対処をしている人もいるほどです。

では、そういう人たちはいったい何をしているのでしょうか。

彼らは「ストレス」を「原因」という点で捉えたりせず、ストレス=「強度」×「持続時間」という捉え方をしていることが多いのです。

人は「想定外」のストレスに弱い

ストレスの強度

ストレスの強度とは、簡単に言えば、「どれだけインパクトが強いか」ということです。ストレスが予測可能で、想定範囲内のものか、あるいは想定範囲外か、想定していたものとどれだけ違うかでインパクトの強弱が決まることになります。

私たちは、ショッキングな出来事に出合っても、ある程度予測していたことであれば、それなりに耐えられます。逆に、いきなり交通事故や犯罪を目撃した場合、そのシーンが脳裏に焼きつき、強度の強い、大きなストレスとして残る可能性が大きいでしょう。

その典型が自然災害で、阪神淡路大震災や東日本大震災など、予想もできなかった大災害から、多くの人が強いストレスを感じました。私たちが全く予測していなかった、少なくとも日常生活のなかでは予想していなかった事件を目の当たりにした場合のストレス・インパクトは大きいのです。

もっと身近な例でいえば、職場で「最近、営業成績が悪いから、そろそろ部長から叱られるな」と思っているときは、叱られてもそれほどはこたえませんね。反対に、全く予想していないことでいきなり叱られたりすると、結構こたえて凹む人も多いのではないでしょうか。

つまり、私たち人間は、予想できることに関してはそれなりに身構えることができるということです。たとえば、なぐられると思った瞬間に歯を食いしばったら少しは耐えられるとか、来月が忙しくなるとわかっていたら何も知らないよりは対処できるといった具合です。

「いつからストレスを感じ始めたかわからない」は危険

ストレスの持続期間

ストレスの「持続時間・継続時間」というのは、心身の負荷となる刺激や、ストレスを感じさせる状況・環境が、いつから、どれくらい続いてきたのか、そしてこれからどれくらい続くのかを指しています。「強度」とあわせて、個々人がストレスをどれくらい大きく感じるかを測る重要な因子になります。

持続時間には2種類あって、1つは「過去からの持続」、もう1つは「未来への持続」です。

過去からの持続とは、いつからそれが続いているのかということ。たとえば、悩みを抱えていて調子が悪い人に「いつから続いているの?」と聞いたときに、「昨年の12月にこんなトラブルがあって……」とか「実は10月に部門が異動になってから」などと、具体的なエピソードが言えるなら、多くの場合、大きな問題に発展しません。

一方、問題になるのは、ストレスを感じているにもかかわらず、特別なエピソードがなく、いつからストレスを感じ始めたかわからないというケースです。このようなケースでは、残念ながらシビアな状況に陥っている可能性もあり、注意が必要です。

「終わりが見えていない」ストレスは大きな負担

2つ目の「未来への持続」は、「いつごろ、ストレスの原因となる現象は消えるのか、終わるのか」という期限のようなものです。ストレスを抱えている人に「大変な状況はいつまで続くの?」と聞いて、「今月いっぱいです」や「年度末まで」などと「終わりが見えている」答えが返ってくるなら、それほど深刻にはならないか、ある程度対処可能な場合が多いでしょう。

しかし、終わりが見えていない場合は問題です。いつまで忙しさや苦しさが続くのかわからない、今日も何時までストレス状態が続くのかわからない、さらに土日も働いているため、ストレスが延々と続いている……。こういった中断されることがないストレス状態は非常に大きな負担になり、危険な状態といえます。

あわせて読みたい

「ストレス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  2. 2

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  3. 3

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  4. 4

    「外食産業の真実爆弾」ウハウハのマクドナルド、崖っぷちワタミの"笑えない格差"はどこでついたか

    PRESIDENT Online

    06月15日 13:40

  5. 5

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

  6. 6

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  7. 7

    数字の水増しが常態化? 小池知事が招いた都庁の緊急事態

    文春オンライン

    06月15日 10:31

  8. 8

    二階俊博氏、コロナ対策で失策の指摘に「これ以上やりようありますか?」と逆質問

    ABEMA TIMES

    06月15日 19:26

  9. 9

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  10. 10

    内閣不信任案提出はいいが、趣旨説明の時間が無制限というルールは止めた方がいいな

    早川忠孝

    06月15日 16:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。