記事

【スクープ撮】キスマイ北山宏光(34)と内田理央(28)が“ステイホーム愛” 北山は「彼女のために動物アレルギーも克服した」- 「文春オンライン」特集班

1/2

 8月22日から23日にかけて放送された「24時間テレビ43『愛は地球を救う』」(日本テレビ系)。今年のメインパーソナリティはV6の井ノ原快彦(44)、NEWSの増田貴久(34)、Kis-My-Ft2の北山宏光(34)、ジャニーズWESTの重岡大毅(27)、King & Princeの岸優太(24)の5人だった。

【画像】北山の恋人はあの人気女優

「彼らの起用理由について総合プロデュ―サーの吉無田剛氏は『パッと見ただけで、“愛される5人”』だからだと説明しています。確かに彼らの屈託のない笑顔や、バラエティ番組などでの素直な受け答えは老若男女から愛されている。普段はあまり目立たないタイプではありますが、厳しいコロナ禍においてはほっと癒される存在です」(スポーツ紙芸能デスク)

北山宏光(Johnny's netより)

「酔ってのろけ話をしていたこともありました(笑)」

 そんな“癒し系アイドル”の1人が、いまひそかに愛を育んでいるという。

「最近、キスマイの北山くんに恋人ができたんです。新型コロナの感染拡大がここまで深刻になる前のことです。とても良好な関係を築いているようで、酔った北山くんがのろけ話をしていたこともありました(笑)」(北山の知人)

 北山はKis-My-Ft2のメンバーだ。2019年にはグループ結成9年目にして紅白歌合戦初出場を果たし、ジャニーズ事務所内での評価も安定している。

「キスマイは下積み期間が長かったグループです。グループ結成から約6年間デビューすることができず、年下メンバーが中心のHey! Say! JUMPの方が先にデビューが決まるなど、苦労も多かった。デビューしてからも当時担当マネジャーだった飯島三智さんがSMAPの解散とともに事務所を退社するなど不遇の時代が続きました。キスマイは生粋の飯島派で、元SMAPの中居正広(48)と一緒に活動をすることが多かったので、メンバーはかなり不安だったと思いますよ」(事務所関係者)

いまのキスマイの活躍は北山のおかげ

 そこで動いたのが北山だった。「ジャニーズの次世代キーマン・キスマイ北山宏光 “無派閥外交”の深夜集会」では、当時の北山について詳報している。

「北山のおかげで、いまのキスマイの活躍があると言っても過言ではない。冠番組の『キスマイ超BUSAIKU!?』(フジテレビ系)や『10万円でできるかな』(テレビ朝日系)も好調です。最近、解散や活動を休止するグループが多いなか、キスマイは安心して見ていられます」(前出・事務所関係者)

 8月10日にはキスマイも10周年の記念すべき年に突入。MCを務める8月21日放送の「ザ少年倶楽部PREMIUM」(NHK)では、番組の冒頭でセンターに立った北山がくす玉を割り、中から飛び出したのが、「Kis-My-Ft2デビュー10年目突入!」という垂れ幕だ。

 メンバーの玉森裕太は垂れ幕を見つめながら、「めでたいですよ。これからも変わらず、7人でやっていきましょうよ」と、次々にメンバーが脱退しているジャニーズの他のグループのことをほのめかすような意味深なコメントをしていた。

お相手は同性人気も高い、モデルで女優の……

 そんなキスマイの“キーマン”である北山が選んだのが、モデルで女優の内田理央(28)だ。

「交際がスタートしたのは、新型コロナ感染が少しずつ拡大していっている最中でした。しかし緊急事態宣言が出るなど事態が深刻化してきたので、2人はほとんど北山くんの自宅で会っているようです。

 内田さんは猫の『たままちゃん』を飼っているのですが、たままちゃんを北山くんの家へ連れていくこともある。北山くんは2019年に映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』で猫役を演じていますが、実は動物アレルギー。ですが、内田さんとたままちゃんのために薬を飲んで、アレルギーを克服したと言っていました」

 内田は2014年に『仮面ライダードライブ』(テレビ朝日系)で女優デビューを果たし、翌年には雑誌『MORE』(集英社)の専属モデルに抜擢された。その後、様々な映画やドラマに出演し、2018年に出演した『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)では、『第22回日刊スポーツ・ドラマグランプリ』で助演女優賞を受賞。8月27日から上演予定のコメディー舞台『星の数ほど星に願いを』では主演を務める。

「内田さんはスタイルもよく美人ですが、オタク趣味を明かしたり、最近開設したYouTubeチャンネルで体当たり企画に挑戦したりと、サバサバとした明るい性格です。『おっさんずラブ』では田中圭演じる春田創一に、ひそかに恋心を抱く幼馴染役を好演していました。同性からの支持も厚く、今後が期待される若手女優です」(芸能プロ関係者)

あわせて読みたい

「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  3. 3

    中曽根氏葬儀に約1億円は違和感

    早川忠孝

  4. 4

    音に無頓着な人とWeb会議は苦痛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  5. 5

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  6. 6

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  7. 7

    大阪都構想の必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

  8. 8

    よしのり氏 マスク巡る矛盾指摘

    小林よしのり

  9. 9

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  10. 10

    日本は中国の覇権主義に向き合え

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。