記事
  • S-MAX

秋吉 健のArcaic Singularity:デジタル・シネマ・パラダイス。動画配信サービスとコロナ禍は“映画館”市場をどう変えていくのか【コラム】

1/2

映画館の今とこれからについて考えてみた!

8月初旬、海外でちょっとした騒動がありました。新型コロナウイルス感染症問題(コロナ禍)によって公開が延期されている、米ウォルト・ディズニー(ディズニー)の実写映画「ムーラン」において、オンライン動画配信サービス「Disney+」(ディズニープラス)で9月4日より先行有料配信を行うことが決定し、これに映画館関係者が強く抗議したのです。

ディズニー側は、この先行有料配信を「今回限りの措置」としていますが、劇場公開よりもネット配信を先行させることへの映画館業界からの反発の声は大きく、フランスの映画館ではムーランの店頭POPを破壊して抗議するなどの騒ぎに発展しました(※一部映画館では9月4日より公開を予定している)。

映画館業界もまたコロナ禍によって大きな打撃を受けた業界の1つですが、今回の騒動の裏にも時代の潮流や映画という媒体ならではの複雑な事情がいくつも重なっています。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はムーランをめぐる騒動を中心に、映画館業界の今後や動画配信サービスの「今」について考察します。

映画と映画館は何処へ行くのか

■夢と魔法の王国を襲った過去最大の危機

今回の騒動の裏には、ディズニー自身の厳しい経営状況やストリーミング動画配信の隆盛、そして映画館業界の技術的進化といった、複数の要因が複雑に絡んでいます。

はじめに注目すべきはディズニーの台所事情です。米ウォルト・ディズニーが8月4日に発表した2020年4~6月期決算によると、最終損益では47億2100万ドル(約5000億円)の大幅な赤字を計上しました。赤字転落は2001年1~3月期以来となり、実に19年ぶりです。

コロナ禍によるテーマパークの休園や閉鎖が最大の原因で、次いで映画館の営業自粛や縮小営業による興行収益の減少が大きく響きました。

日本の東京ディズニーリゾートにおいても、2020年4~6月期決算では売上高が61億円で、前年同期比では実に95%減という過去最大の減少幅となり、営業損益は156億円の赤字を計上しました。

これまで娯楽産業の王者として君臨していたディズニーブランドですが、コロナ禍によって「不要不急」の矢面に立たされ、突然訪れた危機に全く対応できず急転落したのです。

シンデレラ城が賑わいを取り戻すのはいつだろうか

ディズニーに限らず、この状況に座してただ死を待つような企業などどこにもないでしょう。ディズニーが新作映画の先行オンライン配信を決定したのも、そういった非常事態だからこその決断だったと思われます。

冒頭でも書いたようにディズニー側が「今回限り」としたのも、苦しい台所事情の打開と映画館業界への配慮による「ギリギリの選択」によるものですが、それでも映画館業界からの反発の声は予想以上に大きかったというところでしょうか。

先行オンライン配信に抗議し店頭POPを破壊するフランスの映画館

日本でのムーランの映画館公開日も未定となっている

■密かに進化していた映画館業界

コロナ禍は確実に映画館やテーマパークといった娯楽産業の構造を根本から破壊しかけていますが、しかし映画をめぐる変革の動きはそれ以前から始まっていました。その急先鋒こそがオンライン動画配信サービスです。

2020年2月にICT総研が公開した「2019年 有料動画配信サービス利用動向に関する調査」によると、日本国内における有料動画配信サービス利用者数は2016年末には1160万人でしたが、その後定額で見放題となるサービスが大きく需要を伸ばし、2019年末には1990万人に、そして2021年末には2360万人に達するとの予測を立てています。

これはコロナ禍の影響を加味していない数字であり、外出の自粛やテレワークの激増、自宅から楽しめる娯楽への需要増などを総合すると、オンライン動画配信サービスの利用者数の伸びはこの予測よりも高いと考えるべきでしょう。

オンライン配信サービスは定額サービスによって大きく伸びた(出典:ICT総研)

では、対する映画館の入場者数は年々減少していたかと言えば……実はそうではありません。

2020年1月に一般社団法人 日本映画製作者連盟が公開した「2019年(令和元年)全国映画概況」によると、2019年の全国映画館の入場者数は1億9,491万人で前年比115.2%、興行収入は2611億8000万円で前年比117.4%と、いずれも大きく前年を上回っているのです。これはそれまでの過去最高益を記録した2016年をも上回る数字です。

この大幅な増収を支えたのは、IMAXや4DXといった特殊な上映形態によるプレミアムシアターです。プレミアムシアターは単に「映画を観る」というだけではない、アトラクション的なエンターテインメント性を付加する新しい映画の鑑賞スタイルとして定着しつつあります。

割高な料金にも関わらず利用者が増えて収益増へと繋がった背景には、良質な映画の公開・上映も然ることながら、映画館運営者による「プレミアム感を演出する工夫と努力」が実を結んだ結果と言えます。

そういった背景があるからこそ、今回のディズニーによるムーランの件で激昂する映画館関係者も出てきたのです。日々の努力によって映画を支えてきた業界を蔑ろにするとはどういうことだ、という憤慨です。

2017年、2018年と若干落ち込み気味だった映画館の収益はプレミアムシアターの人気によって復調しつつあった

あわせて読みたい

「映画館」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    紗倉まな 性産業廃止は「暴論」

    ABEMA TIMES

  2. 2

    「愛子天皇」誕生の機運が高まる

    文春オンライン

  3. 3

    コロナで無視できなくなったMMT

    自由人

  4. 4

    なぜヤフコメ欄は無くせないのか

    諌山裕

  5. 5

    安倍疑惑追及に弁護士視点で苦言

    青山まさゆき

  6. 6

    ディズニーが中国依存強め大誤算

    PRESIDENT Online

  7. 7

    NTTがドコモTOBを発表 1株3900円

    ロイター

  8. 8

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  9. 9

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

  10. 10

    不便なマイナンバーの改善を急げ

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。