記事

「てめえ、人の女に手出して!」手越祐也が明かした“結婚を考えた女”は”Mの愛人”だった フォトエッセイ「AVALANCHE~雪崩~」の真実 - 「文春オンライン」特集班

 6月にジャニーズ事務所を退所した手越祐也(32)。8月5日に自身初となるフォトエッセイ「AVALANCHE~雪崩~」(双葉社)を上梓した。手越は記者会見で「次の人生へ進む決意表明」と語ったものの、“暴露本”ともいえるような内容に対して「退所1カ月半でこの内容は酷い」「ファンへの裏切り」などとSNSを中心に批判の声が集まった。

【画像】手越に留守電で怒鳴った「おじさん」の正体は?


「AVALANCHE~雪崩~」(双葉社)

 なかでも批判の的となったのは、2013年7月18日号の「週刊文春」で泥酔キスを報じた元SKE48の鬼頭桃菜や、2015年6月18日号で2ショットを報じたAKBの柏木由紀ら、交際報道があった女性芸能人ら12名を実名で記載したことだ。

ファンからの批判に謝罪動画を投稿

「手越さんはいずれも女性スキャンダルについては否定しています。ただ、それぞれの報道について、柏木さんがAKBメンバーに『送信ミスなどで写真を送ってしまった』かもしれないと書いたり、鬼頭さんを『超メインのメンバーというわけではなかったので、彼女がSKEの子だとは知りませんでした』と書いたりしていて言い訳がましい。

 当然、ファンからの批判が噴出し、手越さんは出版5日後に公式YouTubeチャンネル『手越祐也チャンネル』に謝罪動画を投稿しました。『これが最初で最後の弱音です』と題し、『(交際報道は)真意が違う情報がたくさんあって、僕は自分の言葉で本に綴ることで(中略)モヤモヤが晴れると思った』と説明しつつも、ファンに対しては『本当に心配かけてごめんなさい』と謝罪しています。

 ただ、批判とは裏腹に書籍の売れ行きは好調です。現役アイドルでここまであけすけに自分の女性遍歴を語った書籍はいままでありませんでしたから。出版取次会社のトーハンが発表している週間ベストセラーランキングでも、発売早々にエンタメ部門で1位を獲得していました」(スポーツ紙芸能デスク)

手越自身の“本物の恋愛”は伏字で

 しかし、数々の女性芸能人の実名を公表した一方、名前を伏せて書かれている箇所もあった。それは、手越自身の“本物の恋愛”について明かしている部分だ。

《32年の人生を通じて、「この人を愛している。結婚したい」とまで好きになった女性は3人しかいません》

 手越はそう前置きをして、3名の女性との恋愛エピソードを語っている。1人は堀越学園時代に交際していた初恋の女性。2人目はあるドラマで共演した女性で、彼女とはすぐに別れてしまったそうだ。

 そして3人目が《19~20歳頃に出会い、2年間真剣につきあった》という女性芸能人だ。手越はこの女性と《本物の恋愛》をしたと綴っている。

《ネックレスをプレゼントしたり、しょっちゅう一緒に旅行に出かけたり、とても仲良くしていました。ディズニーランドにも1泊で遊びに行ったことがあります。その子の実家にも遊びに行きました》(手越祐也「AVALANCHE~雪崩~」より)

 手越の知人が明かす。

「この女性は元人気アイドルのX子さんです。2人は毎日電話で『会いたいね』と話すほどラブラブで、手越さんはロケで海外に行っているときですら、電話を欠かさなかったと話していました。当時はまだLINEもSkypeもなかった時代ですから国際電話料金もかなり高額になったはずですが、そんなことはお構いなしだったようですね」

X子との別れは突然に 知らない声のおじさんから留守電が入って……

 小柄でかわいらしい雰囲気のX子は、当時、歌手兼ダンサーとして活動していた。現在はアイドルを卒業し、タレントとして活動をしている。

 しかし、そんな真剣交際も2年ほどで終わりを迎える。手越はこのエピソードを著書で次のように綴っている。

《別れは突然訪れます。急に連絡がつかなくなったと思ったら、知らない声のおじさんから「お前さ、ウチのタレントとつきあってるらしいじゃないか」と留守電が入りました。(中略)その子とは結婚しようとまで真剣に考えていたのに、大人の事情で彼女とは予期せぬ形で別れることになってしまったのです》(手越祐也「AVALANCHE~雪崩~」より)

 人気アイドル同士で交際することの難しさを象徴するエピソードだろう。手越自身も、書籍内で「しばらくポカーンとしていました」と当時の心境を明かしている。しかし、前出の手越の知人がこのエピソードについての“隠された事実”を明かす。

「実はこの『おじさん』は、エイベックス株式会社代表取締役会長の松浦勝人さん(55)のことなんです。しかも留守電に残っていたのは『てめえ、人の女に手出してどういうことだ!』という怒鳴り声だったと、手越さん本人が話しています。実は手越さんが“真剣交際”していたX子は、当時松浦さんの愛人でもあったのです」(同前)

 実は松浦氏とX子との関係は「文春オンライン」ですでに報じている。

 2020年6月13日に公開した「《音声公開》『あゆの呪縛が抜けない』エイベックス松浦氏が語っていた『M』の真実 浜崎が浮気現場に鉢合わせ、TOKIO長瀬と……」では松浦氏自身のこんなインタビュー音声を紹介した。

 松浦氏《10年間、今までに至るに(会社が)すごい保守的な体制を敷くなかにいた女がX子じゃん。もうどうでもいいやと。どうにでもなるだろ、どうにもなんないし。といいながらその間になんだかんだDVDつくったり一応プロジェクトやったり、なんかいろいろやってはいるんだよ。でもヒットっていうのは生まれてなくて、それで家帰ったらX子がいたから。はい、セックスセックスセックスセックス、でハマっていって、悪いことも話して》(2015年12月のインタビュー音声より)

X子と松浦氏は約10年間、愛人関係

 松浦氏とX子の交際について、エイベックス関係者が語る。

「松浦といえば浜崎あゆみとの恋愛が注目されがちですが、期間だけを見ればX子との関係の方が深い。松浦は2003年から2016年まで元モデルのA子さんと結婚していましたが、X子とは2005年から約10年間、愛人関係にありました。松浦はよく『一番燃えたのはあゆ、一番情があるのがX子』と周囲に漏らしています」

 2013年頃、松浦氏は元妻・A子さんと子供をシンガポールに移住させている。この移住にはX子との関係も影響していたという。

「元妻と子供を海外移住させた理由について、松浦は『日本の報道になるべく触れさせないため』だと周囲に説明していますが、X子と会う時間を確保するためでもあったのではないかと囁かれています。当時、松浦はX子のために恵比寿のマンションを借り、クレジットカードを渡して自由に使わせるほどにX子を溺愛していた。毎年恒例のハワイ旅行にも必ずと言っていいほど一緒に連れて来ていましたよ。2015年頃に松浦はX子と破局しましたが、『X子には年間2000万円、合計2億貢いだ』と周囲に豪語しています」(同前)

 その関係は東証一部上場企業の社長(2004年就任)と所属アーティストという関係を大きく逸脱している。松浦氏のX子への思いは強く、前出の“留守電事件”に繋がったのだ。前出の手越の知人が語る。

「手越さんとX子さんが交際して2年ほど経った頃、X子さんが手越さんのことをフルネームで携帯に登録していたことがきっかけで、松浦さんに2人の交際がバレてしまったそうです。そして書籍にも書いてある通り、松浦さんから手越さんの携帯に連絡があったのです」

X子は松浦氏に「手越からストーカーされてる」と説明

 そんな“トラブル”があった後、X子が選んだのは松浦氏だった。前出のエイベックス関係者が語る。

「松浦から手越さんとの関係について問い詰められたX子は、『手越からストーカーされてる』『私は嫌だって言ってるのに』と主張することで難を逃れたそうです。手越さんも人伝てでX子の言い分を知ってしまったようで、当時は『俺、ストーカー扱いされちゃった……』と落ち込んだ様子でした。

 しかし結局は2015年頃に松浦さんはX子に突然振られてしまい、愛人関係は終わっています。松浦もX子との結婚を真剣に考えたこともあったくらいなので、彼らにとってX子はよほど魅力的な女性だったんでしょうね」

「AVALANCHE~雪崩~」には次のような一節がある。

《直感でビビビッときた女性には、一目惚れで一直線に突き進みます。我が強くて己を曲げず、明確な夢に向かってがんばってキラキラ輝いている。そんな子にいつか出会える日が来たらいいなと思っています》(「AVALANCHE~雪崩~」より)

 手越の所属事務所とエイベックスに事実関係を確認するため取材を行ったが、期日までに回答はなかった。

 8月22日(土)21時から放送の「文春オンラインTV」では、担当記者が本件について詳しく解説する。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

あわせて読みたい

「手越祐也」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  2. 2

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  3. 3

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  4. 4

    菅首相は早く臨時国会を開くべき

    鈴木しんじ

  5. 5

    アルコール依存症巡る報道に苦言

    藤田孝典

  6. 6

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  7. 7

    「河野大臣は常識ない」に違和感

    早川忠孝

  8. 8

    山口容疑者 基準値の約5倍を検出

    ABEMA TIMES

  9. 9

    空気感染? 医師「今まで通りで」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    政権狙う? 連立動かぬ野党に疑問

    紙屋高雪

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。