記事

コロナ対策やってますという「アリバイ作り」

【もうすぐ購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

コロナウィルス感染対策の方法は、飲食店によって様々です。全く何の対策もしていない有名和食店もあれば、スタッフがマスクをして入り口で検温・アルコール消毒するといった対応のお店も少なくありません。

対策を徹底したお店になると、客席にアクリル板の壁を作り、隣の人との感染防止に配慮しているところもあります。

今週出かけた青山のお店は、結婚式の披露宴会場のような円形テーブルでしたが、隣の席とアクリル板で仕切られていました(写真)。

しかし、不思議なことに横とは遮断されているのに、真向かいには何の壁もなく、抜けています。

横を仕切っているアクリル板のせいで、同じテーブルの人の話がよく聞こえないので、結局全員がテーブルの中央に顔を寄せて、話し込んでいました。これではアクリル板は、感染防止に逆効果です。

このような仕切りを入れても、感染防止に実質的な意味がないことは、少し考えれば誰でもわかることです。本気で感染防止をしようとするより「アリバイ作り」の側面が強いように感じました。万が一感染者が出た場合に「感染防止対策をやっていました」と言い訳できるようにしているのです。

コロナウイルスへの対し方には、他にも理解できないことがあります。

平日のお昼に歩道を歩いていると、太陽が照りつける灼熱状態の中で、マスクをしていないのは私だけで。他の全員がマスクをしていることがありました。しかし、屋外で誰も話をしないで無言で歩いているのにマスクは必要なのでしょうか?コロナ感染リスクより、熱中症リスクを考えるべきだと思いました。

これもマスクをすることで周囲から批判されないために、何となくしているという側面が強くないでしょうか。

日本人のコロナ感染防止対策は、本気で感染防止を考えることより、感染した時に周囲から批判されないようにするにはどうしたら良いかを優先しているように見えます。

専門家でもわかっていないことが多いコロナウイルス。仮説と検証を繰り返しながら、感染防止に本当に意味のある対策を進めるべきだと改めて思いました。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年8月22日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「飲食業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大相撲で謎の手拍子に「不快感」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    日経500 バブル超えの史上最高値

    ロイター

  4. 4

    正義感で暴走「極端な人」の実態

    SYNODOS

  5. 5

    コロナで行列増 中高年「勘弁」

    中村伊知哉

  6. 6

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  7. 7

    森友自殺 妻が語る国の理不尽さ

    たかまつなな

  8. 8

    ディズニー人数制限で高い満足度

    かさこ

  9. 9

    菅政権 唯一の誤算は高い支持率

    PRESIDENT Online

  10. 10

    女性は嘘つく発言否定も残る疑問

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。