記事
  • SmartFLASH

目指せアリリンガル!九大准教授が「アリとの会話術」を解明中

2/2

 明らかに、個体間で『しゃべっている』という感じで、発見したときは『ヤバい世界を覗いてしまった』と思いました。と同時に、とてつもなくおもしろい研究テーマを見つけた、とも」

 そこで村上先生は、ハキリアリの音声を、自作の録音装置で数十時間かけ録音。研究室や自宅で、ひたすら聞き取った。発せられた音声を数えるため「正」の字を書いていく、根気のいる作業だ。

「もっともおしゃべりだったアリは、15分で7000回もしゃべっていました。それだけで解析に1カ月くらいかかり、もう勘弁してくれと(苦笑)」

 ちなみにハキリアリに限らず、多くのアリには胸部と腹部の間に「腹柄節」という器官があり、そこから音声を出しているそうだ。

「辞書も文法書もない言語を研究する、言語学者のようなものです。未知の言語を話す人と交流して、ひとつの言葉に対して意味を類推し、仮説を立てて検証していく。でも僕の場合は、相手が人間じゃなくアリですからね」

 論文執筆中のため、詳細は明かせないが、アリ語の「アルファベット」のようなものも、わかってきたという。

「現在のところ、統計的に有意な15パターンほどの声が確認されています。しかし、『なんとなく15くらいあるかな』というのがわかってきた程度で、『それぞれの声を組み合わせると、何かの意味になるか』などといったところまでは、まだ到達していません」

 村上先生が、将来的に目指すものとは?

「ハキリアリは農業害虫で、農薬で駆除しています。もしコミュニケーションを取れれば、そこを平和的に解決できないか、と僕は思っているんです。

 そして、『アリリンガル』を開発したい。たとえば働きアリはすべてメスで、オスは繁殖期にのみ生まれ、交尾のために精子を運ぶだけで、お役御免となるんです。オスのアリに、『それって、どんな気持ち?』って聞いてみたいです(笑)。

 何十年かかるかはわかりませんが、ハキリアリの発する音の研究は、そのためのチャレンジなんです」

 アリに「アリがとう」と言える日が、実際に来るかもしれない!

【アリ先生が教える「アリ語会話帳」】
・「好きな葉がある」=「ドロドロドロドロ……」
・「あまり好きではない葉がある」=「キュッキュッ、キュッキュッ……」
・「敵が来た!」=「ギャ!」
・「巣が敵に襲撃された!」=「ザッザッ、ザッザッ……」(女王アリが出す音)
※あくまで研究中のもの

写真・繁昌良司

(週刊FLASH 2020年9月1日号)

あわせて読みたい

「生き物」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  2. 2

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  3. 3

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  4. 4

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  8. 8

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

  10. 10

    トランプ氏の側近3人 暗躍失敗か

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。