記事
  • ロイター

米中古住宅販売、7月は13年半ぶり高水準 大型物件への需要拡大


[ワシントン 21日 ロイター] - 全米リアルター協会(NAR)が21日に発表した7月の米中古住宅販売戸数(季節調整済み)は、年率換算で前月比24.7%増加し586万戸となった。伸びは2カ月連続で過去最高を更新。販売戸数は2006年12月以来、約13年半ぶりの高水準を記録した。新型コロナウイルス禍で在宅勤務が定着する中、大型物件への需要が拡大した。

ロイターのエコノミスト予想は14.7%増の538万戸だった。前年同月比では8.7%増加。前月分は当初の472万戸から470万戸に小幅下方修正された。

NARのチーフエコノミスト、ローレンス・ユン氏は「住宅市場は新型コロナウイルス禍からの回復を果たし、今やコロナ前を上回る活況を呈している」と指摘。「コロナ禍に伴い、在宅勤務への大幅なシフトが進んでおり、現在の住宅保有者は大きめの住宅を探し求めている」とした上で、住宅需要は来年にかけて継続する見込みとした。

連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)によると、30年固定住宅ローン金利は平均2.99%と、1970年代初頭以来の水準近辺で推移している。7月の住宅着工件数は年率換算で前月比22.6%増の149万6000戸と、約4年ぶりの大幅な伸びとなった。

販売価格は中央値で前年比8.5%上昇し、30万4100ドルと最高値を更新した。

7月の販売ペースに基づく在庫の消化期間は3.1カ月と、前年の4.2カ月から縮小した。06年12月以降で最も速かった。健全な需給バランスを保つには6─7カ月が適切とされている。

販売までにかかった日数は22日。前月の24日から短縮し、過去最短となった。1カ月以内に販売された住宅の割合は約70%だった。

中古住宅販売戸数は6月は20.2%増加。7月分と合わせ2カ月間で約50%増加し、新型ウイルス感染拡大を受けた春季の減少分が完全に相殺された。

*情報を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    紗倉まな 性産業廃止は「暴論」

    ABEMA TIMES

  2. 2

    「愛子天皇」誕生の機運が高まる

    文春オンライン

  3. 3

    コロナで無視できなくなったMMT

    自由人

  4. 4

    なぜヤフコメ欄は無くせないのか

    諌山裕

  5. 5

    ディズニーが中国依存強め大誤算

    PRESIDENT Online

  6. 6

    安倍疑惑追及に弁護士視点で苦言

    青山まさゆき

  7. 7

    NTTがドコモTOBを発表 1株3900円

    ロイター

  8. 8

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  9. 9

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

  10. 10

    不便なマイナンバーの改善を急げ

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。