記事

夏休みなど

1/2

 石破 茂 です。
 安倍総理の健康問題が大きく取り沙汰された一週間でした。総理がこの国で一番といえるほどの激務をこなし、たとえようもない重圧感に耐えながら職務に邁進してこられたことに心から敬意を表しますし、一刻も早く全快されて万全の態勢で職務を遂行されることを心より祈念しております。

 政治家の健康は、本人のみならず、国家国民や地域の命運にも多大の影響を与えます。あまり今まで気にしたことも無かった「休むのも仕事のうち」という言葉が妙に実感を伴って感じられます。

 昭和55年12月7日、鈴木善幸内閣の自治大臣であった父が東大病院で膵臓癌の手術を受ける前夜、私を呼び出して遺言を手渡したのち、一通の封書を別に渡して「これを明日の朝、田中(角栄元総理)の所へ持って行け」と命じました。「これは何ですか」と問う私に「大臣の辞表だ。手術中に死ぬかもしれない。その時、辞表が出ていなければ天皇陛下にご迷惑をおかけすることになる。辞表を出す、出さないも、その時期も、すべて田中に任せると伝えよ」と答えました。

 翌朝、目白の田中元総理のお宅に伺い、そのように伝えたところ、元総理はしばらく絶句された後「立派だ…」と一言仰いました。父は手術後、数日で職を辞し、翌年73歳で没するのですが、当時23歳の銀行員であった私は、明治の人(亡父は明治41年生まれでした)の価値観や人生観、吏道の一端を垣間見た思いがしたことでした。

 アメリカ大統領選挙の民主党候補にバイデン前副大統領が指名されました。11月3日の大統領選挙の結果を今から予断をもって語ることは出来ませんが、どちらが当選するにせよ、合衆国内の「対立と分断」の構図が少しでも解消に向かうことを願わずにはいられません。今のところ、両陣営とも相手候補に対する敬意が欠片も感じられないことに違和感を覚えるのは私だけではないように思います。

 必要があって満州国のことを調べているのですが、知らなかったことのあまりの多さに愕然としています。満州国のみならず、台湾、朝鮮、東南アジア諸国等々、かつての日本との関わりを知らずして未来を語ることは出来ないことを痛感させられます。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  4. 4

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  5. 5

    半沢人気支える? 目力メイクの技

    松田健次

  6. 6

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  7. 7

    茂木大臣の国連めぐる演説に苦言

    川北英隆

  8. 8

    都構想 不都合は語らぬ説明会

    柳本顕

  9. 9

    トヨタ去る若手と年功序列の崩壊

    城繁幸

  10. 10

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。