記事

地球温暖化問題と新型コロナ問題の共通点

1/2

[画像をブログで見る]

新型コロナ問題が騒がしいために、地球温暖化問題はやや影を潜めていた。
経済活動が停滞し、世界的に人の移動が少なくなり、世界中が引きこもりになったお陰で、二酸化炭素の排出量はいくぶん少なくなったともいわれる。
ある意味、新型コロナは温暖化対策に寄与しているともいえる。多くの人の命と引き換えに。

久しぶりに温暖化問題の記事を見た。

あまりに政治利権化しすぎた地球温暖化論議の「不都合な真実」(川口 マーン 惠美) | 現代ビジネス | 講談社(2/4)

それどころか、グレタ・トゥンベリの「このままでは10年後に取り返しのつかない事態になり、地球が滅びる」という主張にも、多くの政治家は異議を差し挟まない。

しかし、CO2排出量と温暖化は無関係ではないが、それについては大きな誤差を持ってしか言えないとする学者は多い。ホッケースティック論争で不明瞭な態度をとり続けたIPCCだが、彼らとて、地球温暖化予測に関する大きな不確実性は認めている。

(中略)

一方、環境問題は今後、発展途上国の工業化につれて、どんどん深刻になっていくだろう。しかし、ガソリン車を減らし、肉を断食して地球の温度を下げようという話には、私はついていけない。

CO2削減を利権にするのはもうやめて、そろそろ本当の環境政策を科学的にやってほしいと思う。

著者の川口氏は、温暖化懐疑派ではなく、温暖化論議が政治的な思惑で動いていて、科学的ではないことを批判している。

この記事はYahoo!ニュースに転載されていて、そこでオーサーコメントがつけられていたので、合わせて引用しておく。

江守正多
国立環境研究所 地球環境研究センター 副センター長

不正確な点があり、「ホッケースティック」が不当に評価されています。
①IPCC第3次報告書のマンのグラフには大きな誤差幅がついており、必ずしも過去の変動を否定していない。
②IPCC第4次報告書には多数の研究結果と並んでマンのグラフも描かれている。
③その後の研究(PAGES2K)で、「中世温暖期」も「小氷期」も地球全体規模の変動ではなかったことが示されている。
つまり、「ホッケースティック」はこの記事が主張するような怪しいものではないし、IPCCも不明瞭な態度は取っていません。

気候変動問題が様々な意味で政治的であることはそのとおりですが、それを言うならば気候変動の科学を不当に貶める政治勢力(「世界を騙し続ける科学者たち」参照)についても認識すべきです。

なお、この記事についているコメントの多くは、拙記事「なぜ日本人は気候変動問題に無関心なのか?」における無関心層の見本のようです。

江守氏の言い分にも一理ある。

地球温暖化問題は、いままっただ中の新型コロナ問題と共通した部分がある。
結論から先に書くと……

  1. 科学的に不確かなことが多い。
  2. 経済的な格差問題が生じる。
  3. 問題への対策を優先すると、弱者切り捨てになる。
  4. ゼロリスクにはならない。
  5. 根源的な原因は、人口が多すぎること。

この5点。

科学的に不確かなことが多い。

温暖化が人為的なものだとする説は、主原因として二酸化炭素を挙げる。その二酸化炭素が毛布のように地球を覆って、熱がこもる……という説明がされる。

その説に異を唱える科学者もいる。
二酸化炭素の量は地球大気の中で、ほんのわずかであり、吸収する赤外線の波長は限られている。毛布ではなく目の粗い網であり、多くの熱は宇宙空間に逃げることができる。近年の温暖化は、森林を切り開いて都市化したことによるものだ……というような説。

金星のような分厚い雲に覆われているのならまだしも、地球の空は晴れている。少しばかりの二酸化炭素に温暖化効果がどれほどあるのかは疑わしい。それよりも、二酸化炭素が及ぼす影響は、海に溶けることで酸性化する方ではないかと思う。

新型コロナについても、わかったことと不明なことがあり、空気感染説はまだ支持されていない。

いずれにしても、右肩上がりに地球の平均気温が上がり続けることは考えにくい。
同様に、新型コロナの感染者数が無限に増え続けることはない。
それは物理法則に反するからだ。
ある現象が起こるとき、小さな現象から徐々に規模が大きくなり、やがてピークに達すると現象は沈静化するか消える。そのピークがいつなのか……ということ。

感染症の場合は、ワクチンや治療薬ができれば制圧あるいは終息させることができるだろう。
地球温暖化問題も同じだが、時間のスケールが違う。
ウイルスの世代交代は数時間だといわれるが、人間の寿命は約80年。
1年後に新型コロナが終息するとすれば、ウイルスは7万世代くらい経っている(1世代を3時間として計算)。
人間の7万世代後は、210万年である(カップルが30歳で子供を産むと仮定)。
つまり、210万年後には地球温暖化問題は解決している(^o^)

地球の問題なのだから、地球スケールの時間で考えようと提案している。
45億歳の地球にとって、210万年はほんのわずかである。

ひとつの区切りを考えるなら、2030年代が温暖化問題の岐路ではないかと思う。というのも、2030〜40年ころに、太陽活動は中世のマウンダー極小期に匹敵する極小期になると予測する科学者がいるからだ。2030年以降、さらに温暖化が進むのか、停滞するか、反転するのか、温暖化説の真偽はそのころに採点されるだろう。

経済的な格差問題が生じる。

新型コロナ対策として自粛要請や渡航規制がされたりした。その結果、倒産する店舗や企業が増え、業績が著しく悪化した企業も出てきた。
その一方で、業績を伸ばした企業もある。
損をした者と、得をした者。経済的な格差が顕著になった。

温暖化問題も同じだ。
温暖化対策を売りにする企業は儲かり、温暖化対策の規制で業績が悪化する企業がある。先進国は温暖化の利権を手にするが、途上国は発展を阻害される。
国レベルでの格差が広がる。

結局、解決策は金しだいということだ。
世界が経済で回っている以上、問題を解決するには金がかかる。

問題への対策を優先すると、弱者切り捨てになる。

前述のことと関連するが、問題を解決するには一部の経済的な損失はやむを得ない……とするならば、犠牲になるのは弱者である。

大多数を救うために、弱者を切り捨てる。
新型コロナ対策も温暖化対策も、やってることは弱者を切り捨てること。
つまりは、多数決だ。

貧しい国の人々に先進国並みの豊かな生活を提供し、なおかつ温暖化対策を完遂する……というのは、二律背反で不可能に近い。誰もが贅沢な暮らしを求めると、有限の資源は枯渇する。かといって、産業革命以前の生活水準に戻せるかというと、それもできない。

全員は救えないから、救えない者は犠牲になる。
タイタニック号のように、救命ボートは全乗客が乗れるほどの数はない。誰を乗せて、誰を乗せないかの選択。

あわせて読みたい

「人口問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  3. 3

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  5. 5

    「バカ発見機」Twitterの対処法

    御田寺圭

  6. 6

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  8. 8

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  9. 9

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  10. 10

    在宅ワークの拡大で郊外は不便に

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。