記事

目玉よりも軽い脳みそ 残念すぎる動物・ダチョウが絶滅しなかった理由

 17日深夜、『スピードワゴンの月曜The NIGHT』(ABEMA)が放送され、『ざんねんないきもの事典』の著者が「ざんねんポイント」がある動物が、種の絶滅から逃れた理由を解説した。


▶︎動画:目玉よりも軽い脳みそ 残念すぎる動物・ダチョウが絶滅しなかった理由

 この日は「大人の自由研究! オモシロ動物SP」と題して動物の生態に詳しい丸山貴史氏と篠原かをり氏をゲストに招き、さまざまな角度から動物に関するトークを展開することに。

 丸山氏は「よく考えたらかなり奇妙な動物 ダチョウ」というフリップが出ると『ざんねんないきもの事典』で「ダチョウの脳みそは目玉1個より軽い」と紹介したことを告白。ダチョウの目玉は大きくて鶏の卵1個分あるそうで、およそ目玉60グラムに対して脳みそは40グラムしかないことを「ざんねんポイント」にしたのだそう。


しかしダチョウの牧場で働いていた経験を持つ丸山氏は「ダチョウが好きすぎて、残念だけで終わらすのは嫌」という思いがあり、『続 わけあって絶滅しました。』という書籍の中で「ダチョウが生き残った理由」について、まさに「脳みそが小さかった」からだと解説をしたという。

 小沢一敬は「逆じゃないの?」と首をひねると、丸山氏は「首が長い、細長い。そして目玉がデカイと遠くまで見渡せるじゃないですか」と、あえて脳みそを小さくすることで、遠くを見渡せる進化ができたと説明。さらに足が発達して早く走ることができるのも、生き残るために大きな助けになっていると語っていた。

▶︎動画:目玉よりも軽い脳みそ 残念すぎる動物・ダチョウが絶滅しなかった理由

あわせて読みたい

「動物」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    日経500 バブル超えの史上最高値

    ロイター

  3. 3

    コロナで行列増 中高年「勘弁」

    中村伊知哉

  4. 4

    大相撲で謎の手拍子に「不快感」

    WEDGE Infinity

  5. 5

    正義感で暴走「極端な人」の実態

    SYNODOS

  6. 6

    森友自殺 妻が語る国の理不尽さ

    たかまつなな

  7. 7

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  8. 8

    ディズニー人数制限で高い満足度

    かさこ

  9. 9

    菅政権 唯一の誤算は高い支持率

    PRESIDENT Online

  10. 10

    女性は嘘つく発言否定も残る疑問

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。