記事
  • ロイター
  • 2020年08月21日 12:55 (配信日時 08月21日 12:51)

原油先物は小幅上昇、主要産油国の減産努力で


[メルボルン 21日 ロイター] - アジア時間の原油先物は小幅上昇。主要産油国による減産の取り組みを背景に、週間でも3週連続で上昇する見通しだ。

0158GMT(日本時間午前10時58分)時点で、米WTI原油<CLc1>先物は0.08ドル(0.2%)高の1バレル=42.90ドル。このまま取引を終えれば週間では2%高となる。

北海ブレント<LCOc1>先物は0.16ドル(0.4%)高の44.07ドル。この水準で取引を終えれば週間では約0.5%高となる。

石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなど非加盟国で構成する「OPECプラス」の内部報告書によると、同グループは減産合意の順守率が低い国による確実な減産実施に注力している。一部の国はここ数カ月間の超過生産分を相殺するため日量231万バレルの減産が必要という。[nL4N2FM38W]

内部報告書ではまた、今年の原油需要の減少幅について、従来見通しを10万バレル上回る日量910万バレルと予想し、需要面のリスクも指摘した。

ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)の商品リサーチ責任者、ラクラン・ショー氏は「需要の回復はかなり不安定な道のりになる」と述べた。

アナリストらは、北海ブレントが45ドル前後の水準を維持する可能性はあるとした上で、短期的に大幅な上昇は見込めないとの見方を示した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  2. 2

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  3. 3

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

  4. 4

    「テレビ報道が自民党一色になっていることへの懸念はあった」立民・安住淳議員に呆れ

    鈴木宗男

    09月20日 15:48

  5. 5

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  6. 6

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  7. 7

    「ワクハラ」を騒ぎ立てる日本、ワクチン証明を義務化する欧米

    内藤忍

    09月20日 12:53

  8. 8

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

  9. 9

    「論文ランク1位は中国」ノーベル賞常連の日本が貧乏研究者ばかりになってしまった根本原因

    PRESIDENT Online

    09月20日 14:10

  10. 10

    警察庁長官、警視総監だけじゃない 総裁選の裏で安倍前首相の“懐刀”が続々出世の怪

    NEWSポストセブン

    09月20日 14:41

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。