記事

2012米大統領選/雇用対策めぐる議論過熱/9月失業率7.8%/オバマ氏 「多くの人 職得つつある」/ロムニー氏 「求職断念者含め11%」

 【ワシントン=小林俊哉】米労働省が5日に発表した雇用統計によると、米国の9月の失業率は7・8%となり、2009年1月以来、3年8カ月ぶりに8%を下回りました。大統領選を1カ月後に控え、両陣営とも雇用対策をめぐる議論を過熱させています。

 9月雇用統計によると、失業率は8月の8・1%から0・3ポイント低下。非農業部門就業者数は11万4000人増加しました。

 ただ、長期失業などで求職活動を断念した層は失業者として数えられず、失業率に反映していません。黒人層の失業率は13・4%、ヒスパニック(中南米系)層でも9・9%と高いままで、米国民にとって厳しい雇用状況が続いていることに変わりありません。

 オバマ大統領は同日、「われわれは前進している」「多くの米国人が職を得つつある」などとアピール。共和党の大統領候補・ロムニー前マサチューセッツ州知事は、「本当の回復のようにはみえない」として、求職活動をやめた人も含めると、失業率は11%近くになると述べました。

 米国の失業率は、金融経済危機以降悪化したままで、09年10月には10%を記録。その後も8%台を割ることがありませんでした。

 オバマ氏は、雇用対策の一貫として、教育や産業・社会基盤への投資など、財政出動による景気刺激策を掲げましたが、議会の抵抗などで実施できたのは一部にすぎず、効果についても、専門家の間で評価が分かれています。

 ロムニー氏は、オバマ政権の4年間で経済が好転していないと批判を強めていますが、同氏が掲げる方針は富裕層減税と規制緩和が柱。危機を引き起こしたブッシュ前政権時代の施策に戻るものだとの批判がオバマ陣営などから上がっています。

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  2. 2

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  3. 3

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  4. 4

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  5. 5

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  6. 6

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  7. 7

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

  8. 8

    コロナ禍、エンタメ需要増も「面白い同人誌」は激減? その理由とは

    キャリコネニュース

    09月26日 08:54

  9. 9

    ファーウェイ副会長が帰国、中国当局が拘束のカナダ人2人も帰国

    ロイター

    09月26日 16:29

  10. 10

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。