記事

芸能人同士「リスクが同じ婚」増加、相手が一般人だと危険も

ビッグカップルが交際から結婚まで「アッサリ」発表するのがこれからのニューノーマル!?(写真はインスタグラムより)

 瀬戸康史(32才)と山本美月(29才)のように、最近は芸能人同士の結婚が増加傾向にあるという。一体なぜなのか? 放送作家の山田美保子さんが、最近の芸能人の結婚事情を分析する。

【写真】騒動後の姿をキャッチ!ノースリーブで袖広めの白ブラウスを着た佐々木希と渡部健は子供と手を握って歩く

 * * *

一般人との交際・結婚に伴う「こじれた」場合のリスク

「みんな、言ってるよね」と意外な“芸能人あるある”について話し始めたのは、2019年11月、電撃離婚したSHELLYさん(36才)。年明け1月、『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の「本音でハシゴ酒」に出演されたときのことでした。

 テレビディレクターの夫から、ある日突然「別居」と「離婚」を切り出されたことを番組で明かした彼女。「このままあなたと結婚していても、これから先、浮気しない自信もない」と予想もしていなかった言葉を告げられ、その後“夫婦カウンセリング”に相談するも別居→離婚に至ったという話には、仕事柄、その男性を知らなくもない私は、大いに驚いたものです。

 これ、もしも芸能人男性が、こんなことを言い出して離婚に至ったら、タイヘンなことになったと思いませんか?

 SHELLYさんのトーク力と、離婚後、さらにアップした好感度のおかげで、ミョーなことにはなりませんでしたけれど、いいなぁ、無名人って…と思ったのは事実です。

 でも、それよりも興味深かったのは、その後、SHELLYさんの口から飛び出した「リスクが同じ」なる文言でした。

 これまで、タレント=芸能人とつきあったことがないことも明かしつつ、一般人との交際は、寝ているときなどケータイカメラで撮られるリスクがあると話したSHELLYさん。逆に芸能人同士の交際や結婚は「リスクが同じ」だから、昨今、多くのタレントが、それを理由に芸能人同士でまとまっていると気づかされました。

 思いあたることは、たくさんあります。芸能人が一般のかたと交際、結婚すると、破局したときや離婚したときが本当に面倒くさい。こじれた場合は、当該芸能人が売れたタイミングや、大きな仕事の直前というタイミングで、撮られていた画像や録音されていた音声が流出してしまうケースが近年よく見かけられます。

 一般のかたにしてみたら、“保険”のようなものなんですかね。交際相手、結婚相手との決定的な画像や音声は、自分が理不尽に捨てられたとき、相手芸能人をギャフンと言わせるための有効な手立てであるのは確かです。

 あえて、お名前は出しませんが、その流出画像や人非人なエピソードが原因で、薔薇色に輝くハズだった未来を一瞬で失った芸能人はいらっしゃいましたよね。

“証拠”がなかったとしても、「友人」(という名の本人も!)による詳細なエピソードによって、イメージが崩壊してしまったかたもいらっしゃいます。これは、お名前を出しちゃいますが(!)、アンジャッシュの渡部建サン(47才)のケースは、完全にこのパターン。一般のかたを舐めたらいけません!

 いいか悪いかは置いといて、芸能人カップルの破局には、所属事務所が「出てくる」ケースもある。これも「リスクが同じ」対等な関係だからにほかなりません。報道が真実ならば、私、竹内涼真クン(27才)に対する印象はずいぶん変わってしまいました。そして、『ハケンの品格』(2020年・日本テレビ系)で吉谷彩子サン(28才)のことをどれだけ応援していたか。

 パターンは異なりますが、あの唐田えりかサン(22才)がこれだけ踏ん張っていられるのも、彼女が一般のかたではないからだと思います。

杏サンの東出サンへの“思いやり”も芸能人同士ならでは

 そもそも、「芸能部」の常識や価値観と、一般のかたのそれはなかなか一致することがなく、せっかく交際に至ってもギクシャクしてしまうことが多々あると聞きます。

 たとえば連続ドラマの撮影に入った場合、「28時」(午前4時)とか「29時」(午前5時)までロケがあって、家に戻ってシャワーを浴びて、6時か7時にはもう現場にいる…というような生活が一般のかたにはなかなか理解できないようです。

 華やかな共演者というのも嫉妬の対象になると聞きました。ドラマではなく映画となれば、メインのふたりがPRで全国を回ることになります。よほどできた彼女、彼氏でなければ「そんなの耐えられない」という想いになるでしょう。自分は会えないのに、なんで会えてるの? 仲よくしてるの? というワケです。

 こうした誤解やすれ違いが芸能人同士のカップルなら少ないでしょうし、よほどの格差カップルでもない限り、これも「リスクは同じ」。

 結局、離婚されてしまいましたが、今年1月から別居をしていた杏サン(34才)が、どれだけ自身が傷ついても多くを語らなかったのは、東出昌大サン(32才)が主演ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(テレビ朝日系)を抱えていたから。3月に離婚を決めていたのに発表を8月までズレこませたのは映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』のPRが一段落したから。こうした思いやりも芸能人同士ならではのことでしょうね。

 そしてここ数年、「リスクが同じ」婚が、とても増えているのです。

 直近では、瀬戸康史サン(32才)と山本美月サン(29才)です。『パーフェクトワールド』(2019年4月期・フジテレビ系)で共演したおふたりは、ドラマでは結ばれなかったものの、プライベートでは交際をスタート。トントン拍子で先頃ゴールインなさいました。

 真っ白なスーツに身を包み、ポーズをキメたツーショット写真をご覧になりましたか? なんとバランスがとれていることか。これぞ「リスクが同じ」婚の象徴と言えましょう。

 同じく、『好きな人がいること』(2016年・同)内では結ばれなかったもののゴールインした三浦翔平サン(32才)と桐谷美玲サン(30才)にも同じにおいを感じます。実は三浦サンには、それより前、別の女優さんとの破局があったと聞きますが、芸能人同士なので、変なトラブルに発展することもありませんでした。「リスクが同じ」、ある意味、対等な関係だったからでしょう。

 ドラマ共演を経て、人気者同士が結婚するというパターンでは、『僕たちがやりました』(2017年・同)の窪田正孝サン(32才)と水川あさみサン(37才)も同じ。一見、ただの“美男美女カップル”ですが、『純ちゃんの応援歌』(1988年・NHK)の唐沢寿明サン(57才)、山口智子サン(55才)や、『GTO』(1998年・フジテレビ系)の反町隆史サン(46才)、松嶋菜々子サン(46才)、『貧乏男子 ボンビーメン』(2008年・日本テレビ系 )の小栗旬サン(37才)、山田優サン(36才)らの“時代”より、結婚に至るまでがスピーディーだし、アッサリしているように思えてなりません。

 そして、少なくとも昔は、交際や結婚の決め手に「リスクが同じ」というのはなかったと思うのです。私が知る限り、“予備軍”はまだまだいらっしゃいます。今年後半、「リスクが同じ」カップルに注目ですよ。

◆構成/山田美保子

『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ~テレ)、『アップ!』(同)、『バイキング』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。

※女性セブン2020年9月3日号

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大相撲で謎の手拍子に「不快感」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  4. 4

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  5. 5

    女性は嘘つく発言否定も残る疑問

    猪野 亨

  6. 6

    16歳孫娘殺した86歳祖父の動機は

    文春オンライン

  7. 7

    旧ソ連2国が衝突 多数の死者発生

    BBCニュース

  8. 8

    YouTubeで激変 芸能人第二の人生

    放送作家の徹夜は2日まで

  9. 9

    賃金増えぬ労働者は経営者に怒れ

    川北英隆

  10. 10

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。