記事
  • ロイター
  • 2020年08月21日 09:50 (配信日時 08月21日 09:43)

インド中銀、インフレ高進で政策運営に制約=議事要旨

[ムンバイ 20日 ロイター] - インド準備銀行(中央銀行)が20日に公表した8月の金融政策会合の議事要旨によると、最近のインフレ高進により、成長支援に向けた中銀の政策運営が制約される可能性があるとの見方が示された。また、政府による追加の財政出動が必要だとの指摘があった。

中銀は8月6日の金融政策委員会(MPC)で、政策金利のレポレートを4.0%に据え置いた。足元で消費者物価が上昇していることから、インフレ動向を注視する一方で、新型コロナウイルス危機を踏まえ、緩和スタンスを必要な限り維持する方針を示した。[nL4N2F828F]

こうした中銀のハト派的なスタンスにも関わらず、議事要旨では、現在の環境下では利下げ余地がほとんどないと中銀が認識していることが明らかになった。

議事要旨によると、パトラ副総裁は、ここ数カ月のインフレ面でのサプライズが、政策委員会が講じる措置の効果を弱め、成長を支援し新型コロナウイルスの経済への影響を和らげる取り組みを阻害していると説明している。

ほぼ全ての委員は、インフレの先行き不透明感を強調するとともに、MPCの政策運営がインフレ目標維持の責務により制約される中で、景気回復のための追加財政措置の必要性を指摘した。

中銀はインフレ率を中期的に4%に維持し、常に2─6%のレンジ内に収めることが責務とされている。3四半期連続でインフレ率がこのレンジから外れた場合、政策委員会は政府への説明が義務付けられている。インフレ率は過去2四半期、このレンジを上回っている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  2. 2

    東京五輪「手のひら返し」が驚くほど早かった理由 - 新田日明 (スポーツライター)

    WEDGE Infinity

    07月26日 08:17

  3. 3

    配信が充実した東京オリンピック 無観客開催でも十分なお釣りが来る内容

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月26日 08:32

  4. 4

    60歳4人に1人が貯金ゼロ 原因は晩婚化による“支出三重苦”

    女性自身

    07月26日 13:23

  5. 5

    作曲家がLGBT差別の杉田水脈氏を肯定…開会式のドラクエ起用に疑問続出

    女性自身

    07月26日 12:26

  6. 6

    小山田圭吾の件について考える 作品と作者は別ものか

    紙屋高雪

    07月26日 09:10

  7. 7

    東京五輪にかこつけて文在寅大統領が日本から引き出したかった"ある内容"

    PRESIDENT Online

    07月26日 16:27

  8. 8

    五輪開催に反対でも観戦したくなるのは人情 選手を応援するのは自然な感情の発露

    早川忠孝

    07月26日 14:00

  9. 9

    「金メダリストの“看板”で仕事をもらえるほど甘くない」五輪アスリート“第二の人生” 現役引退後の現実

    ABEMA TIMES

    07月26日 10:23

  10. 10

    東京都で新たに1429人の感染確認 重症者は6人増えて78人

    ABEMA TIMES

    07月26日 17:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。