記事
  • ロイター

インド中銀、インフレ高進で政策運営に制約=議事要旨

[ムンバイ 20日 ロイター] - インド準備銀行(中央銀行)が20日に公表した8月の金融政策会合の議事要旨によると、最近のインフレ高進により、成長支援に向けた中銀の政策運営が制約される可能性があるとの見方が示された。また、政府による追加の財政出動が必要だとの指摘があった。

中銀は8月6日の金融政策委員会(MPC)で、政策金利のレポレートを4.0%に据え置いた。足元で消費者物価が上昇していることから、インフレ動向を注視する一方で、新型コロナウイルス危機を踏まえ、緩和スタンスを必要な限り維持する方針を示した。[nL4N2F828F]

こうした中銀のハト派的なスタンスにも関わらず、議事要旨では、現在の環境下では利下げ余地がほとんどないと中銀が認識していることが明らかになった。

議事要旨によると、パトラ副総裁は、ここ数カ月のインフレ面でのサプライズが、政策委員会が講じる措置の効果を弱め、成長を支援し新型コロナウイルスの経済への影響を和らげる取り組みを阻害していると説明している。

ほぼ全ての委員は、インフレの先行き不透明感を強調するとともに、MPCの政策運営がインフレ目標維持の責務により制約される中で、景気回復のための追加財政措置の必要性を指摘した。

中銀はインフレ率を中期的に4%に維持し、常に2─6%のレンジ内に収めることが責務とされている。3四半期連続でインフレ率がこのレンジから外れた場合、政策委員会は政府への説明が義務付けられている。インフレ率は過去2四半期、このレンジを上回っている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  3. 3

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  4. 4

    携帯料金よりNHK受信料を下げよ

    自由人

  5. 5

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  6. 6

    河野氏は霞が関ホワイト化可能か

    千正康裕

  7. 7

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  8. 8

    ソフバ株売出し 驚きの人気ぶり

    近藤駿介

  9. 9

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  10. 10

    ウイグル問題 世界的企業に打撃

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。