記事
  • ロイター
  • 2020年08月20日 22:40 (配信日時 08月20日 22:37)

ECB、コロナ債券購入策の柔軟性巡り討議=7月議事要旨


[フランクフルト 20日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)が20日に公表した7月16日の理事会の議事要旨で、新型コロナウイルス禍への緊急対策として打ち出した債券購入プログラムの柔軟性を巡り討議され、一部当局者が買い入れ枠の拡大に慎重姿勢であることが分かった。

ECBは先月の定例理事会で、コロナ向け資産買い取り枠について全額利用する見通しと確認し、物価が2%未満でその近辺とする目標水準に勢いよく向かう見通しがつくまで低金利を維持すると強調した。

議事要旨は「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の柔軟性を巡る討議では、買い取り枠を目標でなく、上限と見なすべきであるとの考えが議論された」とし、「今後入手される経済指標が上振れ、見通しを巡る下方リスクが一部後退すれば、買い取り枠全額を利用する必要がない可能性があるとの見解が出された」とした。

同時に、要旨は「基本シナリオの下、PEPPの買い取り枠を全額利用するというのが現時点での見通しだ」とし、買い取り枠を上限とみなすとの主張は少数派の見解で、他の理事会メンバーは先例にない不透明性を踏まえ、柔軟性を巡りより自由に解釈することを支持していると見られる。

また、大半の理事会メンバーは、抑制されたインフレ動向や失業の増加リスクの高まりを踏まえ、7月理事会前に見られた市場の楽観ムードが経済指標によって完全に裏打ちされていないとの見解で一致していたことも分かった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  5. 5

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  6. 6

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  7. 7

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  8. 8

    学生の自由と大人の責任。政党学生部の発言・活動に議員が介入するのは、言論封殺や圧力なのか問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月03日 08:37

  9. 9

    一部の声を最大公約数のように扱うメディアに「報道の自由」をいう資格はない

    鈴木宗男

    08月03日 20:08

  10. 10

    「もし今日が人生最後の日だとしたら」落合陽一が悩むときに使う最強の思考法

    PRESIDENT Online

    08月03日 11:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。