記事
  • ロイター

ECB、コロナ債券購入策の柔軟性巡り討議=7月議事要旨


[フランクフルト 20日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)が20日に公表した7月16日の理事会の議事要旨で、新型コロナウイルス禍への緊急対策として打ち出した債券購入プログラムの柔軟性を巡り討議され、一部当局者が買い入れ枠の拡大に慎重姿勢であることが分かった。

ECBは先月の定例理事会で、コロナ向け資産買い取り枠について全額利用する見通しと確認し、物価が2%未満でその近辺とする目標水準に勢いよく向かう見通しがつくまで低金利を維持すると強調した。

議事要旨は「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の柔軟性を巡る討議では、買い取り枠を目標でなく、上限と見なすべきであるとの考えが議論された」とし、「今後入手される経済指標が上振れ、見通しを巡る下方リスクが一部後退すれば、買い取り枠全額を利用する必要がない可能性があるとの見解が出された」とした。

同時に、要旨は「基本シナリオの下、PEPPの買い取り枠を全額利用するというのが現時点での見通しだ」とし、買い取り枠を上限とみなすとの主張は少数派の見解で、他の理事会メンバーは先例にない不透明性を踏まえ、柔軟性を巡りより自由に解釈することを支持していると見られる。

また、大半の理事会メンバーは、抑制されたインフレ動向や失業の増加リスクの高まりを踏まえ、7月理事会前に見られた市場の楽観ムードが経済指標によって完全に裏打ちされていないとの見解で一致していたことも分かった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  3. 3

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  4. 4

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  5. 5

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  6. 6

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  7. 7

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

  8. 8

    芸能界で続く謎の自殺 ケア急げ

    渡邉裕二

  9. 9

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  10. 10

    貧乳OK巨乳NG 仏美術館で騒動に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。