記事

新型コロナウイルス 未だに2類でよいのか? 専門家コメントの功罪

1/2

非常に暑い日が続いていますね。

梅雨があけてから3週間程度ですが、熱中症の死者は増え続け、すでに東京では100人を超えたようです。

東京の人口が全国の10%程度と雑な仮定をすると、この3週間で国内では熱中症によって1000人程度の方が亡くなったことになります。

現在までに新型コロナウイルスで亡くなった方の2-3月からの累計は1100人強なので、この3週間の猛暑による熱中症は短期間で同程度の死者を出したことになります。

新しい日本医師会長も会見で、熱中症の死者は新型コロナの死者のペースを大きく上回る、とコメントしていましたね。

熱中症で亡くなっているのは、弱ってしまっていて自力で動くことが出来ない、暑さを凌ぐための正しい判断が出来ない、もしくは何らかの理由で過酷な暑さの環境に長時間晒された方々と思われます。

新型コロナと熱中症の毒性を直接比較することはナンセンスですが、熱中症の死者数のペースと比較することで、新型コロナの全国での死亡者数の数字がどの程度のものであるかは感覚的に捉えやすいのではないでしょうか。

ところで、こんなに早いペース?で死者を出している熱中症ですが、コロナと異なり、医療崩壊という声は全くマスコミも出しませんね。

死者数よりも重症で治療を受けている方も多いはずですが。

これは、熱中症による重症者数や医療現場への負担をマスコミがあまり注目していないという側面と、同じ重症でも医療側に継続的な感染対策が必要とされない分、実際の負担面が少ない側面があるでしょう。

熱中症で亡くなる方は80代後半や90代などの超高齢者が多いので、回復の見込みが乏しい場合が多く、医療資源の投入が制限されるという現実もあると思いますが、これは新型コロナについても同様の事が言えるでしょう。

さて、前置きが長くなりました。


最新の厚労省からのデータですが、重症者数は240人程度で足踏みし、死者数は少し増えて前述のとおり1100強となっております。

この増加ペースを、マスコミの言うように「急増」と連日のように呼ぶべきかどうかについては、上の熱中症との比較でも書いた通りです。

これで急増と言っていたら、毎年冬がくるたびに「風邪での死者が急増」、「入浴での死者が急増」、「もちを詰まらせて死んだ人が急増」と連日報道するのかな?と思います。

入院者数についてはここのところ連日、減少が続いていますね。

ところで、私はこの新型コロナウイルスを早く、入院が法的に必要な2類感染症から、インフルエンザ並の5類に変更した方がよいと思います。

現実的に現在のこのウイルスの毒性を考えれば5類とするのが妥当ですし、2類でなくなれば軽症者を入院させて病院ベッドが一杯、医療崩壊だ!などというアホなことはせずに済みます。

当初、SARSなど死亡率の高いウイルス感染症と同程度のリスクを想定して2類としたことについては、諸外国の様子を見ていれば仕方がないことだったと思います。

少なくとも現在の国内の状況を見れば、5類に下げるべきです。

あってはならないことですが、もし万が一国外から強毒性の別株が入ってしまって、国内で蔓延した際には、また臨機応変に2類などに上げればよいのです。

厚労省や政府にはそのあたりの臨機応変な英断を望みます。

ただし、5類に下げるとなれば批判的なメディアや野党は「コロナ軽視だ!」とまた倒閣運動の材料にするでしょうね。

それによる支持率低下を恐れて踏み切れないのかもしれません。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  4. 4

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  6. 6

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  7. 7

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  8. 8

    百田氏の支持者は「普通の人」

    たかまつなな

  9. 9

    TDR契約社員 事実上の退職勧奨か

    文春オンライン

  10. 10

    「バカ発見機」Twitterの対処法

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。