記事

木村一基王位、4連敗で防衛ならず…藤井聡太棋聖に敗れる「一から出直します」/将棋・王位戦七番勝負


 将棋の王位戦七番勝負第4局が8月19、20日に行われ、挑戦者の藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に勝利、シリーズ成績4勝0敗のストレートでタイトル奪取に成功した。天才棋士を迎え撃つ立場だった木村王位だが、熱戦が続いたものの4連敗での失冠に「また一から出直します」と語った。

【中継】藤井聡太“二冠”が誕生!最年少二冠&八段昇段

 昨年、46歳3カ月という最年長での初タイトル獲得記録を更新した木村王位だったが、成長著しい藤井棋聖の勢いを食い止めることはできなかった。開幕から3連敗と追い詰められて迎えた第4局は、得意の相掛かりを採用し、流れを変える1勝を目指した。ところが、藤井棋聖に人並み外れた積極的な手を繰り出されると、徐々に形勢は不利、劣勢と悪化。受けと粘りでは将棋界でもトップクラスとされるベテラン棋士だったが、状況を打開できず敗戦。「最年長VS最年長」という呼び方でも注目されたシリーズで、最後まで流れを呼び込むことができなかった。

 対局後、木村王位は「(第4局は)最後、差が開いてしまったので、よくなかったですね。損のないようにやられてしまった感じがします。ストレート負けは恥ずかしく申し訳ない限り。また一から出直します」。将棋界ではピークを20代半ばから30代前半ごろまでと言われる中、40代も半ばを過ぎてからのタイトル奪取は、ファンからは「中年の星」として応援された棋士。来期は挑戦者として、藤井新王位へのリベンジマッチを狙う。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】10代初の二冠&最年少八段!藤井聡太二冠、新たな記録を達成

あわせて読みたい

「将棋」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    デジタル化の加速で高齢者に懸念

    船田元

  5. 5

    ヒトの善意で生物が死滅する恐れ

    fujipon

  6. 6

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  7. 7

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  8. 8

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  9. 9

    在宅勤務のオンライン会議に弱点

    ヒロ

  10. 10

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。