記事
  • ロイター
  • 2020年08月20日 17:50 (配信日時 08月20日 19:54)

フィリピン中銀、予想通り金利据え置き 封鎖解除で回復の兆し

[マニラ 20日 ロイター] - フィリピン中央銀行は20日、主要政策金利の翌日物リバースレポ金利を過去最低の2.25%に据え置いた。ロックダウン(都市封鎖)が段階的に緩和され景気回復の兆しが見られるため、追加で利下げする差し迫った理由はないとの認識を示した。

中銀は今年これまで4回連続で利下げしていた。

翌日物預金金利と翌日物貸出金利もそれぞれ1.75%、2.75%に据え置いた。

ロイター調査によると、調査対象機関15社のうち13社は据え置きを予想。2社は25─50ベーシスポイント(bp)の利下げを見込んでいた。

ジョクノ総裁はオンライン会見で声明を読み上げ、「理事会の決定はインフレを巡る環境は良好との判断に基づいている」と説明した。

「同時に封鎖の段階的解除と金融システムの潤流動性を背景に国内の経済活動に回復の兆候が見られる」との認識を示した。

中銀は2020年のインフレ率見通しを2.3%から2.6%へ、21年は2.6%から3%へ引き上げた。依然として目標とする2─4%の範囲にとどまっている。

フィリピンの第2・四半期国内総生産(GDP)は前年同期比16.5%減と、1981年の四半期GDP統計開始以来、最大の落ち込みとなり、29年ぶりのリセッション(景気後退)に入った。

ジョクノ総裁はこれまでの利下げや規制措置の効果が経済に完全に浸透するまでには時間がかかると指摘した。その上で、中銀は「必要に応じて保有するあらゆる手段を活用する」用意があると改めて表明した。

キャピタル・エコノミクスのアジアエコノミスト、アレックス・ホルムズ氏はリポートで「回復は緩やかで起伏を伴うとみられるため、さらなる緩和の必要性は明らかだ」との見方を示し、数カ月以内に利下げがあると予想した。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  2. 2

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  5. 5

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  6. 6

    ワクチンで感染を防げぬ時代に 国民が望む対策をとるのが政治家の役目

    中村ゆきつぐ

    09月25日 08:40

  7. 7

    河野太郎氏が言及した原発問題「パンドラの箱」 核燃料サイクル事業が止められない事情

    宇佐美典也

    09月25日 12:14

  8. 8

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  9. 9

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  10. 10

    再任してほしい歴代首相ランキング 2位は安倍晋三氏「1番日本が平和だった」

    女性自身

    09月24日 14:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。