記事
  • ロイター
  • 2020年08月20日 17:50 (配信日時 08月20日 19:54)

フィリピン中銀、予想通り金利据え置き 封鎖解除で回復の兆し

[マニラ 20日 ロイター] - フィリピン中央銀行は20日、主要政策金利の翌日物リバースレポ金利を過去最低の2.25%に据え置いた。ロックダウン(都市封鎖)が段階的に緩和され景気回復の兆しが見られるため、追加で利下げする差し迫った理由はないとの認識を示した。

中銀は今年これまで4回連続で利下げしていた。

翌日物預金金利と翌日物貸出金利もそれぞれ1.75%、2.75%に据え置いた。

ロイター調査によると、調査対象機関15社のうち13社は据え置きを予想。2社は25─50ベーシスポイント(bp)の利下げを見込んでいた。

ジョクノ総裁はオンライン会見で声明を読み上げ、「理事会の決定はインフレを巡る環境は良好との判断に基づいている」と説明した。

「同時に封鎖の段階的解除と金融システムの潤流動性を背景に国内の経済活動に回復の兆候が見られる」との認識を示した。

中銀は2020年のインフレ率見通しを2.3%から2.6%へ、21年は2.6%から3%へ引き上げた。依然として目標とする2─4%の範囲にとどまっている。

フィリピンの第2・四半期国内総生産(GDP)は前年同期比16.5%減と、1981年の四半期GDP統計開始以来、最大の落ち込みとなり、29年ぶりのリセッション(景気後退)に入った。

ジョクノ総裁はこれまでの利下げや規制措置の効果が経済に完全に浸透するまでには時間がかかると指摘した。その上で、中銀は「必要に応じて保有するあらゆる手段を活用する」用意があると改めて表明した。

キャピタル・エコノミクスのアジアエコノミスト、アレックス・ホルムズ氏はリポートで「回復は緩やかで起伏を伴うとみられるため、さらなる緩和の必要性は明らかだ」との見方を示し、数カ月以内に利下げがあると予想した。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ラーメン店と4℃が元で男を振ってしまう愚かなあなたへ

    いいんちょ

    10月26日 10:04

  2. 2

    小林よしのり氏、眞子さま小室さん会見に「素晴らしい記者会見だった!」

    小林よしのり

    10月26日 17:11

  3. 3

    維新大躍進の予想 背景には庶民感覚を失った公明と共産の存在

    田中龍作

    10月27日 10:28

  4. 4

    好きな人と結婚するだけなのに…日本人が「小室さんバッシング」に熱狂する根本原因

    PRESIDENT Online

    10月26日 11:22

  5. 5

    ロックダウンせずコロナ封じ込めに「失敗」したスウェーデン 日本人移住者が語る生活のいま

    田近昌也

    10月26日 09:03

  6. 6

    世田谷一家殺人事件 21年めの新展開!警視庁が異例の実名出しで所在を追う「焼き肉店のアルバイト店員」

    SmartFLASH

    10月26日 17:16

  7. 7

    パックンにみる小室圭騒動のワイドショーコメンテーターの忖度

    メディアゴン

    10月27日 10:33

  8. 8

    どうなる衆院選!?前代未聞のコロナ禍で100年に1度の選挙となるか

    毒蝮三太夫

    10月27日 09:04

  9. 9

    自民党に訪れている深刻な人材不足 力ある政治家を育てなかったツケ

    内田樹

    10月26日 16:08

  10. 10

    橋下氏&岸博幸氏が“脱成長”論を猛批判「自分の年収を100万にしてから言え!」

    ABEMA TIMES

    10月26日 12:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。