記事

薬物逮捕を経験した高知東生、今、社会のために生きる

1/2

任侠の親分である父、その愛人である母に育てられるなど、波乱万丈な人生を前半のインタビューで赤裸々に語ってくださった高知東生さん。後半では、2016年の覚醒剤および大麻取締法違反容疑での逮捕にいたるまでの体験談と、現在の“依存症予防教育アドバイザー”としての活動や、さまざまな経験をされてきたからこその人生観について伺いました。

ーー薬を始められた背景には、やはり仁侠の存在などがあるんですか?
高知:前半の自分の過去を話すと、特殊な家庭環境や任侠、おふくろの自殺と関連するのかと思われるのですが、全く関係ないんですよ。

ーーそうなんですね!何が薬物のきっかけだったんですか?
高知:おふくろも亡くなり、自分の親父だと思ったものが親父じゃなかった、地元では任侠の親分の息子というだけで喧嘩を売られる。若い頃は本当に、喧嘩をしまくっていました。それが理由で自分の地元でいるのが苦しくなり、東京に逃げて、成り上がろうとしたんです。そして、バブル当時、狂ったように遊ぶ人たちが溢れていた東京の夜の街に、自分も入っていきました。そこで、稼いで、豪快に遊んでいる憧れる人が、ディスコでおしゃれに薬物を使っていて、俺も誘われたんです。

“田舎ものと思われたくない” 知ったかぶりから始まった薬物

ーー薬物の誘いは断れなかったんですか?
高知:高知でもシンナーは吸っていましたが、依存はしていなかったのですぐやめられると思っていたし、特殊な世界で生きてきたので普通の人が怖がるものを“何ビビってんの?”と軽くみていました。それに、かっこよく見せたい、田舎ものと思われたくない、せっかく東京で掴んだこのコミュニティを大事にしたい、という思いが強かったんです。だから、知ったかぶりして、吸ったことあるフリをして吸いました。その場で見よう見まねでわ必死にね。

ーーディスコで吸ってからハマってしまったんですか?
高知:そのときはなんにも感じなかったんです。でも、そこで一緒に吸っていた女性の家に泊まったときに、彼女にまた吸わないかと誘われたんです。そのときに男女の関係になって使うのはすごく衝撃的で...。そこから頻繁ではなく、そういう環境の仲間たちと会うと、使うようになってしまいました。って、俺今なんの話してるの?(笑)

ヤバイ!でも相手に気にして薬物を使い続けてしまう日々

ーー芸能界に入ってから薬を使うことは大きなリスクになるのに、その後なぜ逮捕までやめられなかったのですか?
高知:捕まる1年ほど前から、いろんなうまくいかないことが重なりすぎて、知らぬ間にそのストレスを解消するために薬物の優先順位があがっていたんです。それまでは自分でコントロールできていたのに。このままだとやばい、全てを失ってしまうということは分かりつつ、やめられなかったんです。僕と一緒に捕まった女性のことを、お互い悩みをさらけ出して、なんでも言えてしまう理解者だと勘違いをしてしまっていたんです。でも次第に、自分の中で弱みを握り合うことが恐怖になってきました。自分がやめたいと思っても、相手に反対されたり、誰かに告げ口されるのが怖くなる。

ーー薬物を一緒に吸っていた女性に、やめようと言ったことはありましたか?
高知:はい、でも週刊誌に売られたり、誰かに言われたり...そういう恐怖もありやっぱり離れることができなかったんです。

ーー逮捕されてから、またやりたいという気持ちにならないんですか?
高知:あのときはストレスがあって薬に逃げていましたが、今は正直言ってそんなストレスがないので大丈夫です。

あわせて読みたい

「薬物問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  3. 3

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  4. 4

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  5. 5

    元TOKIO山口氏 異例の家宅捜索

    渡邉裕二

  6. 6

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  7. 7

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  9. 9

    大阪都構想の必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

  10. 10

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。